ホーム


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:紅茶と電話 制限時間:4時間 読者:5 人 文字数:4272字 お気に入り:0人
短刀たちを夜戦に送り出したあと、書類の待つ執務室へと戻った。そこには近侍である鶴丸が先に書類整理を行ってくれていて、彼には頭が上がらない。刀剣男士として合戦場へ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日向 桃子@喪中 ジャンル:刀剣乱舞 お題:僕の好きな音 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:345字 お気に入り:0人
初めての、燭鶴。久しぶりの二次創作。すべて(なにがあっても)許せる人向け。___【ボクノスキナオト】燭台切光忠*鶴丸国永 静かな夜。 その日は、春と言うには暑す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ファイナルファンタジー15 お題:うわ・・・私の年収、セリフ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:559字 お気に入り:0人
『うわ・・・私の年収、低すぎ?』最近よく目にするウェブの広告だ。グラディオラスは、年収ねえ、と心の中で独り言ちながら、スマートフォンをしまう。「さて、と。」グラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
本好きの後輩 ※未完
作者:ふたつみね ジャンル:結城友奈は勇者である お題:純粋な秀才 必須要素:ガン保険 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1118字 お気に入り:0人
夜の、丸亀城の食堂。 注文したうどんの器を抱えて振り返り、郡千景は席を見回した。 食堂は空いていた。大赦の職員たちが数人固まって一角に陣取り、空の食器を挟んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うでら@百四十式 ジャンル:世界一初恋 お題:煙草と駄洒落 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1386字 お気に入り:1人
その日の政宗は朝からイライラしていた。珍しく思うように進まない仕事に迫るタイムリミットが更に追い打ちをかけているのであった。(あーーっくそ)チッと短く舌打ちをす 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ポケットモンスター お題:鋭い内側 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:7字 お気に入り:0人
ピッカピカピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:私が愛した山 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:410字 お気に入り:0人
嬉しそうにスキップをしながら前を行く十四松の背中を、ゆっくりとした足取りで追いかける。「どんぐり、どんぐり、どーんぐりっ」 おそらく自作の歌を口ずさむ姿は、ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
クオーター ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:求めていたのは巨人 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:756字 お気に入り:0人
ちょっと酔っ払ったのお届けしますよ高尾和成からスマートフォンにメッセージが届いた。日本酒、結構美味くてさー。久しぶりに会ったし、そんで先輩も寄ってくれて終電は終 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くろたん ジャンル:ロックマンエグゼ お題:私が愛した山 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:363字 お気に入り:0人
山、と聞かれて何を思い浮かべるかは各人各様だと思うが、その単語を聞いて主人を思い浮かべるのは俺だけではないだろうか。俺はずっとあの方の傍にいた。それが貴方の命令 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ユーリ!!! on ICE お題:素晴らしい夕飯 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:1354字 お気に入り:0人
「ねぇ勇利、これはなんだろうね」「うん、なんだろう……」 途方に暮れた僕たちの食卓には黒く焼け焦げた何かと、びちゃびちゃの茶色の液体に浸った何か。食材は確かに食 〈続きを読む〉