ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:限りなく透明に近い嘘 制限時間:4時間 読者:41 人 文字数:3635字 お気に入り:0人
ご注意下さい!冒頭から盛大に95、98話のネタバレです('17,10,10現在)。本誌未読の方は、何卒ご注意下さいますよう、お願い致します。ジークとイェーガー家 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:穏やかな宴 制限時間:1時間 読者:57 人 文字数:766字 お気に入り:0人
「店員さん、生2つ!」エレンがぶんぶん手を振りながら言った。威勢のよい声が返ってくる。青年は翡翠の瞳をリヴァイに向け、何かいるものありますか?と問いかけてきた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:淡い夕日 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:696字 お気に入り:0人
壁上に並ぶ顔が赤く染まる。そろそろ暮れる日。日没を待って出発するのだ。遠くに何体か見える巨人の動作は、心なしか鈍いように感じる。常の壁外調査には無かった町民の見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:見憶えのある風邪 制限時間:4時間 読者:266 人 文字数:3177字 お気に入り:0人
三日くらい徹夜して、風呂に入らずに私は泥のようにベッドに沈んだ。その次の朝のことだった。 朝、目が覚めて、だるい体を無理矢理起こし、ブルブルっと体が震えた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:苦しみの世界 必須要素:宗教 制限時間:30分 読者:153 人 文字数:759字 お気に入り:0人
※夢小説にて理解のあるかたのみどうぞジャン相手、訓練兵2年目。「この時勢、食糧難や土地の枯渇に苦しいときが続くでしょう。ですから、壁を讃え、いつか巨人に勝利しマ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:夏の百合 制限時間:30分 読者:499 人 文字数:1291字 お気に入り:0人
※リヴァハンです「リヴァイ!少し町にでないかい?」ハンジがそう誘ってきたのは、夏の日射しが厳しい日のことだった。「行かねーよ。第一なんでこのくそ暑い時に.... 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:薄汚い狐 制限時間:15分 読者:337 人 文字数:384字 お気に入り:0人
「いつから、こうなってしまったんだろうなぁ」ハンジは短く息を吐くと隣にある「ヒトだったモノ」に目を向けた。調査兵団に入ってから何匹と巨人殺してきたが、その数だけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:希望の、と彼女は言った 制限時間:4時間 読者:264 人 文字数:3099字 お気に入り:0人
もしもカルラがアッカーマン家の人だったら、という捏造設定です。この二人が出会う事は無いだろうと思いつつも、創作してみました。書いてる内に、お題からは離れてしまっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:打算的な善 制限時間:15分 読者:660 人 文字数:852字 お気に入り:0人
薄暗いこの街に住む一人の少年の物語を書きたいと思います。その少年の名は・・・チッと軽く舌打ちをしながら走る少年がいた。どうやら今日は不運な事ばかりで不機嫌なよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:忘れたい誰か 制限時間:2時間 読者:806 人 文字数:2026字 お気に入り:0人
兵団本部からの帰途であった。 ウォールローゼでトロスト区へ向かう船に乗り換えるのに、だいぶ時間が余った。 エルヴィンがミケが、少し遅い昼食の為に手頃な店を探し 〈続きを読む〉