ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ハリー・ポッター お題:元気な儀式 制限時間:15分 読者:243 人 文字数:50字 お気に入り:0人
森の中、黒い犬は焚火の周囲を踊りながら叫んだ。「ハリー! お前の幸せを祈っているぞ!!」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:慎@即興小説 ジャンル:ハリー・ポッター お題:黒い机 制限時間:30分 読者:529 人 文字数:1607字 お気に入り:0人
その部屋には机が一つ、ぽつねんと置かれていた。いつからあるのかは分からない、ただそれは黒ずんでいた。なんの木でできたのかも分からない、その机は果たして元からそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハリー・ポッター お題:危ない食堂 必須要素:いま話題のあの人 制限時間:15分 読者:377 人 文字数:591字 お気に入り:0人
つい昨日新しく取り付けたばかりのガラスが、粉々に砕け散った。テーブルを拭く手を止めてそちらをみやれば、暗い夜の通りを背景に、まるで溶け込むような黒衣を纏った魔法 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハリー・ポッター お題:煙草と死刑囚 必須要素:白トリュフ 制限時間:1時間 読者:434 人 文字数:1324字 お気に入り:0人
「お前に喫煙の習慣があるなんて知らなかったが。」奴はこちらに目を向けず、テーブルに向かったままで答えた。「あまり吸わないけど、今日はね。」今日、という言葉で、意 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハリー・ポッター お題:アルパカの酒 必須要素:ボーイズラブ 制限時間:15分 読者:369 人 文字数:501字 お気に入り:0人
「ほら、あれ、何て言ったっけ」アルバスは首をかしげる。「なんとかの酒っていう、おすすめなんだそうだ。なんだったか......ア、アル......」「アルパカの酒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハリー・ポッター お題:今年の銀行 必須要素:外国語・外来語禁止 制限時間:15分 読者:396 人 文字数:639字 お気に入り:0人
今年の俺の職場は赤字かもしれない。赤毛の大家族の長男は頭を抱えていた。目の前には大破した歴史的遺産がある。今日、彼が呪い破りに出向くはずだった遺跡だ。今やただの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
さよなら真実 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ハリー・ポッター お題:未熟な真実 必須要素:ラストで死ぬ 制限時間:15分 読者:354 人 文字数:654字 お気に入り:0人
夢小説です生き残った男の子が、全てをぶち壊しにしてしまった。私の父と母は不死鳥の騎士団に捕まり、アズカバンに行く途中で自ら命を絶ったらしい。屋敷は闇払いたちの手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おかゆ ジャンル:ハリー・ポッター お題:賢い彼女 制限時間:30分 読者:440 人 文字数:914字 お気に入り:0人
先生は私にはわからなくて、興味のない話を延々10分くらい続けたあと「…ということなんだけど、どう思う?」と聞いてきた。私は本当にさっぱりよくわからないから、仕方 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さよ ジャンル:ハリー・ポッター お題:冷静と情熱の間にあるのは探偵 必須要素:太宰治 制限時間:30分 読者:706 人 文字数:1257字 お気に入り:0人
「はぁ? 探偵業?」 ホグワーツ校魔法薬学担当のセブルス・スネイプ教授の眉間のしわが、ふだんより二本ほど余計に刻まれたのは、おそらく気のせいではないだろう。いか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハリー・ポッター お題:誰かの絵画 制限時間:2時間 読者:903 人 文字数:1359字 お気に入り:0人
何年経っても消えない声がある。誰のものなのか分からないし、何と言っていたのかも覚えていない。ただ、無性に思い出すのだ。視界いっぱいに広がる緑色の光。光が消えると 〈続きを読む〉