ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:どうあがいても大雪 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:654字 お気に入り:0人
喜八郎は悩んでいる大雪の中落とし穴を作りに山奥に来たのだが…色々あって雪に埋もれた。あがいたら余計埋もれた…助けを待つか…まぁ、この大雪の中助けは来ないけど。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:暗黒の屍 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:501字 お気に入り:0人
洞窟で雨宿りをしている。落とし穴を作り終わり、学校への帰り道の途中で雨が降りだして、今、洞窟にいる。暇だし洞窟の中でも探険しようか。近くにあった木の枝に火を灯し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:日本門 必須要素:ドア 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:527字 お気に入り:0人
早く帰って落とし穴を作りたいなぁ食堂のおばちゃんに頼まれた物を買って、今、帰りだったのだが、雨が降ってきて、それも、大雨だ。何処かで雨宿りしたい。そんな事を考え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:嘘の言い訳 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:938字 お気に入り:0人
僕は見ている。僕の彼女が浮気をしているのを。「んぁ、ぁぁ、もっと激しくぅ」勘左衛門という奴とヤっている。「もう、イきそうだぁ…!」「…ああぁぁあん!」「もう一発 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:怪しいお尻 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:542字 お気に入り:0人
就寝しようと部屋に戻ったら、部屋に春画が一冊あった。…同じ部屋で過ごしてる奴のだろう。だって、裏に名前が書いてあるし。今日は、みんな里帰りに行ったらしい。だけど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:奇妙な屍 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:175字 お気に入り:0人
僕が昨日、山奥に作った落とし穴に誰か落ちたか確認したところ、そこには奇妙な屍があった。それは、若い女性である。ただ、頭が無い。そうだ、きり丸が昨日アルバイトで山 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:真紅の怒りをまといし転職 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:354字 お気に入り:0人
落とし穴を作っている時に聞いてしまった。『どい先生が真紅という女性の怒りを受けて転職をした』という話を。なんでも、真紅という女性は韓国の王族だとか。そんなことも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:彼が愛した列車 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:609字 お気に入り:0人
4年生の綾部喜八郎は落とし穴を掘るのが好きな不思議ちゃんと皆は思ってる。だけど、それは表の顔です。裏の顔は列車好きの可愛い男の子です。それを知ってるのは私だけ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:鳥の社会 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:219字 お気に入り:0人
「あー、疲れた」今日の授業が終わった社会に出たら忍者になるため、学校にいる。楽しみといえば、落とし穴を作る事である。あとは、くノ一の学校に行ってる僕の彼女と週二 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:穢された時雨 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:297字 お気に入り:0人
僕はこの時期の時雨が嫌いだ僕の心を写してるみたいで僕の初恋の人が去った時も雨が降っていた。いつものように落とし穴を作っていた時に彼女は現れた彼女は僕が作った落と 〈続きを読む〉