ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:私が愛した窓 制限時間:15分 読者:199 人 文字数:447字 お気に入り:0人
「」じきに夜だ そう言って洋箪笥を開けた亜双義は、ぼくを静かに見下ろしていた。急に入った光が眩しくて、表情がよく見えない。目を細めながら頷いて、先刻まで閉じてい 〈続きを読む〉