ユーザーアイコン
作者:炬尭(こだか) ジャンル:保健室の死神 お題:昼のぬめぬめ 制限時間:30分 読者:909 人 文字数:2202字 お気に入り:0人
「藤くんっ!!」泣きそうな声で、(いやもう泣き入ってるけど)俺の名前を呼んだ鏑木が「なによこれぇ…!」心底嫌そうな声で助けを求めてきた。一体何があったのか。気に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:炬尭(こだか) ジャンル:保健室の死神 お題:知らぬ間の想い 制限時間:30分 読者:584 人 文字数:1473字 お気に入り:0人
彼はとても大切な友達だ。話をすれば楽しかったし、顔を見れるだけで嬉しかった。触れられればドキドキして、目が合えば頬がほんのりと赤に染まる。それでも私は藤くんとの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:炬尭(こだか) ジャンル:保健室の死神 お題:昨日食べた耳 制限時間:30分 読者:545 人 文字数:1748字 お気に入り:0人
温かい日の光が瞼に当たって、その眩しさに目が覚めた。何度も瞬きを繰り返して真っ白に霞む視界をなんとかいつもの状態に戻しながら、ピピピピ…と鳴り続ける目覚まし時計 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:炬尭(こだか) ジャンル:保健室の死神 お題:フニャフニャの軽犯罪 制限時間:30分 読者:751 人 文字数:2200字 お気に入り:0人
「…おい、退けって」「んーっや!」「ヤじゃねーよ!重いっつってんの!!」うっふふっと地面を這うような低い声で笑いながら俺の上に乗っかってるのは友人の鏑木真哉。同 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:炬尭(こだか) ジャンル:保健室の死神 お題:安い貯金 制限時間:30分 読者:492 人 文字数:2021字 お気に入り:0人
チャリン、と陶器で出来た可愛らしい熊の貯金箱から涼しげな音が鳴った。硬貨が一枚だけ余裕で入る細い口から入れた500円玉の奏でた音だ。少しずつ少しずつ貯めているお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:炬尭(こだか) ジャンル:保健室の死神 お題:絶望的な悪役 制限時間:1時間 読者:551 人 文字数:3180字 お気に入り:0人
小さい頃から男の子の中で育ってきた。 幼馴染みの男の子はまさにガキ大将といった風体の、とても男気のある子供で。 弱いものイジメがあればすぐさま助け、曲がった事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:炬尭(こだか) ジャンル:保健室の死神 お題:綺麗な何でも屋 制限時間:1時間 読者:512 人 文字数:2293字 お気に入り:0人
「しっ死ぬかと思ったー!」コキコキと緊張で固まった首を回して真哉が傷だらけの腕を上げて上へ大きく伸びをする。先ほどまでマフィアの抗争に巻き込まれドンパチと激しい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:炬尭(こだか) ジャンル:保健室の死神 お題:宗教上の理由で踊り 制限時間:2時間 読者:529 人 文字数:4004字 お気に入り:0人
毎年秋も深まり冬も近付く11月の1日。ひと月に渡り神様が縁結びの相談をすると言われている出雲大社へと、各地の神様が出向くその日には≪神送り≫と呼ばれる行事があ 〈続きを読む〉