ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:気象 お題:不思議な結末 制限時間:30分 読者:762 人 文字数:1034字 お気に入り:0人
「ちょっと、マジやめて。」やめて欲しいとお願いしている割には櫻井は大爆笑していた。「そこ、真面目にから揚げ作れよ。」キッチンでトマトソースのパスタを作っていた松 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
rolling days ※未完
作者:匿名さん ジャンル:気象 お題:愛の消費者金融 必須要素:バッドエンド 制限時間:30分 読者:332 人 文字数:1359字 お気に入り:0人
「えっ?翔くんに会ったの?」相葉が先日櫻井と食事をした店に今日は大野と二人で訪れていた。「うん。お節介かもしれないけどリーダーとの事聞きたくって。」そう言うと相 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
rubbed out ※未完
作者:匿名さん ジャンル:気象 お題:誰かの消しゴム 必須要素:ハロウィン 制限時間:30分 読者:288 人 文字数:1371字 お気に入り:0人
「リーダー引越したってよ。」小奇麗な居酒屋の個室で相葉はそう言った。国民的アイドルとまで言われているアイドルグループに所属している相葉はたまたま出向いたロケ先で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Underwear Ⅱ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:気象 お題:フニャフニャの負傷 必須要素:直木賞 制限時間:15分 読者:313 人 文字数:866字 お気に入り:0人
テレビから今年の直木賞についてのニュースが流れていた。楽屋でそのニュースを見ながら櫻井はマネージャーの大野へこう言った。「悪いけどコンビニでパンツ買って来てくれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
もう一度 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:気象 お題:突然の男 制限時間:30分 読者:450 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
「もう無理かもな。」大野が櫻井と別れたのは十年前だった。高校の同級生だった二人はままごとのような付き合いをしていた。どちらかの自宅へ行けば体をまさぐり合った。言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
bad blood ※未完
作者:匿名さん ジャンル:気象 お題:やわらかい息子 制限時間:30分 読者:557 人 文字数:1107字 お気に入り:0人
「や、やめろって。」薄暗い部屋の中に櫻井の声が響いた。「いっ…た。バカ、痛いって。」大野と櫻井の息遣いがこだまする中に時折混じる櫻井の抗議の声。翌朝、大野が目を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
square one ※未完
作者:匿名さん ジャンル:気象 お題:真実の笑い声 制限時間:30分 読者:387 人 文字数:1385字 お気に入り:0人
もうずっと櫻井の笑い声を聞いていなかった気がする、と大野は目の前で微笑む櫻井を見て思った。ジュニア時代から考えると櫻井との付き合いは二十年になった。家族と呼んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
馬鹿な男 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:気象 お題:3月の紳士 必須要素:日本 制限時間:15分 読者:307 人 文字数:700字 お気に入り:0人
「えっ?彼女出来たの?」櫻井翔と大野は中学からの同級生だった。中学までは身長も低く、大野より10cm近く小さかった。その櫻井も高校に入るとグングンと成長し、今で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
羨望の矛先 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:気象 お題:嘘の囚人 制限時間:15分 読者:354 人 文字数:666字 お気に入り:0人
「智くんのダンスはやっぱ凄いね。」目の前にいる櫻井はニッコリと笑いそう言った。「翔くんだってすげーじゃん。」すると一瞬だけ眉間に皺を寄せたが、櫻井はすぐに目を細 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:気象 お題:もしかして秋 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:334 人 文字数:584字 お気に入り:0人
カサカサと音を立て二人は落ち葉が舞う道を歩いていた。手にはスーパーマーケットのビニール袋。決してロマンチックな状況ではない。「料理しないヤツは本当に何言いだすか 〈続きを読む〉