ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:魔法少女リリカルなのは お題:運命の雑踏 制限時間:4時間 読者:387 人 文字数:3344字 お気に入り:0人
やわらかい風がわたしの髪をなでて、気のせいか潮の香りが聞こえてくるような気がした。ようやく春の陽気が訪れたとは言うものの、風が吹くとまだ少し肌寒い。もちろん、こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:vars@初秋来たり ジャンル:魔法少女リリカルなのは お題:彼女と勝利 制限時間:2時間 読者:550 人 文字数:4024字 お気に入り:0人
「――ヴィータ?」「どうしたん?」なにが? と少女は少し訝しげに「なんや難しー顔をしとるなぁって」あのさ、はやてのえぇよ。言うてみ?…………はやてが居たとこって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きゃっぷ ジャンル:魔法少女リリカルなのは お題:右の警察官 必須要素:からあげ 制限時間:2時間 読者:464 人 文字数:1069字 お気に入り:0人
左のお巡りさんは、それはもう立派だった。 その姿は格好よく、声は透き通っており、一度聞けば忘れられない。道を聞けば、心底丁寧に教えてくれ。ひとたび犯罪が起きれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:vars@初秋来たり ジャンル:魔法少女リリカルなのは お題:限界を超えたダンス 制限時間:2時間 読者:896 人 文字数:4323字 お気に入り:0人
※拙作『あいじょうひょうげん』のエピソードを対だIFっぽいです。ご了承。「いつだったか、フェイトちゃんが私の耳のところ、ペロッてしてくれた事あったよね」「……… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yarukiari ジャンル:魔法少女リリカルなのは お題:熱い妄想 制限時間:15分 読者:487 人 文字数:367字 お気に入り:0人
「あまり、じっと見るな」シグナムは、両手で胸を隠しながら、俺に抗議するも隠しきれない喜色があった「ふむ、その割にはここはびしゃびしゃじゃないか」「あ、汗だ。 こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yarukiari ジャンル:魔法少女リリカルなのは お題:子供の悪魔 制限時間:15分 読者:602 人 文字数:339字 お気に入り:0人
「……悪魔め」「悪魔でいいよ、悪魔らしく力づくでおはしきかせてもらうなの」昼下がりのミッドチルダ、少し遅めのランチを食べた帰り道で、上述の台詞を子ども達が言って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yarukiari ジャンル:魔法少女リリカルなのは お題:少女の王子 制限時間:15分 読者:611 人 文字数:370字 お気に入り:0人
「なのはちゃん、白馬の王子様に憧れたことある」「すずかちゃん、いきなりだね。うーん、私はないかな」「そっか……私はあるんだ。一族の呪いを解いて、私と一緒に生きて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yarukiari ジャンル:魔法少女リリカルなのは お題:騙された愉快犯 制限時間:15分 読者:565 人 文字数:305字 お気に入り:0人
ジェイル=スカリエッティ、無限の欲望と呼ばれた、管理局史上最大の犯罪者であり、愉快犯である彼は娘からの手紙を読んでいた。「今週はノーヴェか」赤い髪の素直ではない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
おうさま ※未完
作者:yarukiari ジャンル:魔法少女リリカルなのは お題:見知らぬカリスマ 制限時間:15分 読者:601 人 文字数:442字 お気に入り:0人
〇月×日今日、公園で面白い子を見かけたので、観察日記をつけようと思う。彼女のことは、便宜上、「おうさま』とよぶことにする〇月△日今日も公園でおうさまをみかけた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yarukiari ジャンル:魔法少女リリカルなのは お題:とてつもない軽犯罪 制限時間:15分 読者:595 人 文字数:369字 お気に入り:0人
紫電を纏った刀身を振り上げたのを見えた瞬間、俺は全力で後ろに倒れ込んだ「○ね」無慈悲な言葉はともに振り下ろした刃は、数瞬前まで俺のいたあたりをとおり過ぎた。「し 〈続きを読む〉