ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:封神演義 お題:人妻の夕飯 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:994字 お気に入り:0人
小振りの鍋がカタカタと蓋を慣らして頃合いだと告げる。 洗い物の手を止めてそれに応えると、中の大根はもう透き通っているから少し水を足してまた火にかける。 味噌を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アユム@8/12 東5 ヒ56a ジャンル:封神演義 お題:遠い喪失 必須要素:衝撃の展開 制限時間:4時間 読者:386 人 文字数:839字 お気に入り:0人
空高く、否、それはそれは天高く。今まで使い古されたありふれた言葉では如何とも表現のしようがない──その地こそが神住まう邑であった。地上から遠く離れ、慣れ親しみ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鳩野@玉泉山2 ジャンル:封神演義 お題:トカゲのマンション 制限時間:15分 読者:444 人 文字数:596字 お気に入り:0人
その、しゅるしゅるとすばしっこい、尾の長い生き物がいたのは、日盛りの石段の途中だった。 石段に使われている石には大振りなものや小さなものが混ざっているから、と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:封神演義 お題:男の瞳 制限時間:4時間 読者:245 人 文字数:2084字 お気に入り:0人
きっと、影ばかりを映しすぎたのだろう。彼の瞳は決してひかりを宿さない。そのことを、彼は他人のせいにしたがり、必死に加害者を求める。たまに傍らでそれを眺める機会 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:封神演義 お題:純白の机 制限時間:1時間 読者:785 人 文字数:1059字 お気に入り:0人
書簡の山が次第に大きくなる。筆をすべらせる手元だけでなく、他に見つめるものがあるからだと、内心では理解している。「それで、雨期が来る前に──」 一人より二人、 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ナラハ ジャンル:封神演義 お題:憧れの第三極 制限時間:15分 読者:543 人 文字数:404字 お気に入り:0人
西岐のヒーローといってすぐに名前が挙がるのは統治者である姫昌その人だろう。 次いで彼の長子である伯邑考、彼のカリスマ性もなかなか侮れない。美しい外見、洗練され 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:封神演義 お題:禁断の抜け毛 必須要素:ランボルギーニ 制限時間:1時間 読者:608 人 文字数:1409字 お気に入り:0人
「普賢よ禁断の抜け毛とはいったいなんぞや?」太公望は友人である普賢の家にあった怪しいタイトルの書類を見つけ震えあがった。「望ちゃん・・・これは秘密のことだよ。」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:龍野あかり ジャンル:封神演義 お題:都会の猫 必須要素:挽き肉 制限時間:30分 読者:566 人 文字数:1250字 お気に入り:0人
「食べる?」隣を歩く相手に、串刺しつくねを差出す。セット販売というやつは面倒だと思う。これが欲しい!と思ったものをゲットするより、セットの方がお得に見えることが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ナラハ ジャンル:封神演義 お題:忘れたい小説訓練 制限時間:15分 読者:600 人 文字数:525字 お気に入り:0人
君のその観察眼は変化能力だけでなく創作にも役立つ!かもしれない!とお調子者の先輩に押し付けられた一冊の本には、『いちから始める小説講座』と丸文字で記されていた 〈続きを読む〉