ユーザーアイコン
作者:息しか ジャンル:カゲ○ウプロジェクト お題:俺と海 必須要素:学校使用不可 制限時間:30分 読者:201 人 文字数:1370字 お気に入り:0人
「」輝く太陽。照らされる海。きらきらと光を反射する砂浜。パラソルの下で悠々と日焼け止めを塗るキド。そして、埋まっている俺。モモだったりカノだったりセトだったりは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:尚音まお ジャンル:カゲ○ウプロジェクト お題:孤独な信仰 制限時間:15分 読者:348 人 文字数:309字 お気に入り:0人
―――――何で……、僕の、僕たちの大好きな「おねえちゃん」は自らその命を絶ちました。僕の、僕たちの大切な「団長」はもう、ここには居ません。僕にとっては、大好きで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蒼空 ジャンル:カゲ○ウプロジェクト お題:調和した人々 制限時間:1時間 読者:433 人 文字数:1725字 お気に入り:0人
ここはどこなのだろう。自分はしっかりと直立の姿勢をとっているのに、ふわふわと身体が浮くような感覚。夢か現か、それともまた違う何処かか。ジャージのポケットを探って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:カゲ○ウプロジェクト お題:小説の中の心 必須要素: 制限時間:15分 読者:433 人 文字数:785字 お気に入り:0人
これがとある物語の世界なのだとしたら、それはそれはとてもファンタジーでまあ滑稽で楽しいものだろう。飽きもしない毎日を、変わり映えのない日々を道を歩くような速度で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空猫改二 ジャンル:カゲ○ウプロジェクト お題:死にぞこないの彼氏 制限時間:15分 読者:737 人 文字数:1867字 お気に入り:0人
九ノ瀬遥は病気だった。それは厳然たる事実で、どうしようもない事実で。だからこそ、彼が手術を受けると言った時、貴音は足元から這い上がってくるような冷気のような恐怖 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ナシコ ジャンル:カゲ○ウプロジェクト お題:死にぞこないの正月 制限時間:30分 読者:449 人 文字数:1738字 お気に入り:0人
どうすればよかったのか、なんて未だに答えは見当たらない。その時シンタローは何もしていなかった、と表現するのが一番的確かもしれない。日がな一日パソコンに向かってタ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空猫改二 ジャンル:カゲ○ウプロジェクト お題:もしかして雨 制限時間:15分 読者:594 人 文字数:1890字 お気に入り:0人
空を見上げるとぽつりと雨が降ってきた。ヒヨリは微かに顔をしかめた。雨は好きだが、別に濡れて帰るのが好きだというわけでもない。溜息を吐いて携帯を取り出す。来てくれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空猫改二 ジャンル:カゲ○ウプロジェクト お題:10の猫 制限時間:15分 読者:607 人 文字数:1773字 お気に入り:0人
にゃあ、と手元で猫が鳴いた。まるであの夏の日のように。【】ダンボールに入っていた四匹の子猫をうっかり家に連れ込んでしまって、雨宮響也はため息を吐いた。あの夏から 〈続きを読む〉