ユーザーアイコン
作者:与太烏 ジャンル:バットマン ダークナイトライジング お題:地獄英霊 制限時間:30分 読者:380 人 文字数:1098字 お気に入り:0人
ある日突然、一人の少女に引き会わされた。屈強な戦士か檻に入った罪人しかいないヒマラヤの山中に現れた、首領の娘を名乗る子供。雪中に咲く一輪の花のようだった。そう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:与太烏 ジャンル:バットマン ダークナイトライジング お題:馬鹿な爆発 制限時間:15分 読者:534 人 文字数:470字 お気に入り:0人
ヒマラヤの奥地では本は貴重な娯楽だ。私が好んだのは化学の著書だった。ハーレクインでも置いていたら違ったかもしれないが、蔵書室はそういった方面には貧しいかったので 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:与太烏 ジャンル:バットマン ダークナイトライジング お題:僕の好きな慰め 必須要素:外国語・外来語禁止 制限時間:15分 読者:542 人 文字数:513字 お気に入り:0人
その子供はいつも冷たい目をしていた。何を見るにしても何をするにしても、ただただ鋭く見つめるその目はナイフに似ていて、穴底から空を見上げる時だけ眩しそうに細めてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:与太烏 ジャンル:バットマン ダークナイトライジング お題:小説家の朝 制限時間:15分 読者:548 人 文字数:474字 お気に入り:0人
ベインは悩んでいた。生まれてこのかた、いかに素早く人を殴り倒すか、いかに虚言を見抜くかにばかり使われていた脳味噌をフル回転させていた。「それで、このワンちゃんは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
食べられる側 ※未完
作者:与太烏 ジャンル:バットマン ダークナイトライジング お題:昨日食べた耳 制限時間:15分 読者:474 人 文字数:495字 お気に入り:0人
「彼って本の虫なのよ」無骨なアルミニウムのコップでコーヒーを飲みながら、彼女は言った。アジトにどれだけトラップを配置しようが警備兵を増やそうが難なく潜り込むこの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
あの人の好み ※未完
作者:与太烏 ジャンル:バットマン ダークナイトライジング お題:ドイツ式の経験 制限時間:15分 読者:567 人 文字数:474字 お気に入り:0人
「ドイツ人は良かったな」マスクのせいで酒の飲めないその人は、いつも代わりに分厚い本を片手に輪を眺めていた。「性分なんだろうな、細かいところまできっちりしなきゃ気 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:与太烏 ジャンル:バットマン ダークナイトライジング お題:遠い行動 制限時間:15分 読者:528 人 文字数:369字 お気に入り:0人
地鳴りがする。今日はいつもより爆撃回数が多いようだ。天井から降ってくる砂粒を肩から落としながら、マスクの薬を補充する。今日は特に急ぎの仕事もない、大人しくしてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ダンスの相手 ※未完
作者:与太烏 ジャンル:バットマン ダークナイトライジング お題:哀れな策略 制限時間:15分 読者:584 人 文字数:302字 お気に入り:0人
彼女のことを、綺麗だなと、今更ながら思った。象牙色のイブニングドレス。蝶を模した髪飾り。ヒールがワルツの音色に合わせて軽やかにステップする。金の亡者どもの社交場 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:与太烏 ジャンル:バットマン ダークナイトライジング お題:1000の心 制限時間:15分 読者:494 人 文字数:538字 お気に入り:0人
貴方ほど表情豊かな人は見たことがない。そう言った私に貴方は面白い冗談だと顔のマスクを指して笑う。ああ、貴方には分からないのでしょう。だって自分の顔は見れないもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:与太烏 ジャンル:バットマン ダークナイトライジング お題:暗い修道女 制限時間:15分 読者:428 人 文字数:449字 お気に入り:0人
貴女もいずれ大きくなれば、誰かを好きになるでしょう。その時は恐れずその人を愛して幸せになりなさい。きっと一緒になるのよ。独房で小さな火にあたりながら、母は私を抱 〈続きを読む〉