ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ペルソナ4 お題:私の小説上達法 制限時間:15分 読者:181 人 文字数:801字 お気に入り:0人
全然できねー、と隣で陽介がぼやくのを、いつものようにのんびりと聞き流した。 現国の宿題で突然小説を書いてこいなどと、無茶ぶりにも程があると俺も思うが、なんだか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ペルソナ4 お題:青い許し 制限時間:15分 読者:246 人 文字数:643字 お気に入り:0人
「俺、お前に酷いこと言っちまったな」 ほんの数メートル先も濃い霧に沈む街中で、隣を歩く花村がぽつりそう呟いた。「何が?」「あん時。生田目を落とすかどうかって時に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ペルソナ4 お題:名前も知らない町 制限時間:2時間 読者:429 人 文字数:517字 お気に入り:0人
名前も知らない町に迷い込みました『ザベスとテオに会いにいくつもりの筈が…』知らない真っ青な車に迷い込みそのまま外に出たら『はい、知らない町…っておぉい!!』巌戸 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ペルソナ4 お題:名前も知らない町 必須要素:右手 制限時間:2時間 読者:394 人 文字数:659字 お気に入り:0人
次行く街名前も知らない街 「とりあえず終点まで行けばいいから」前の所の叔母さんに言われたもう使い慣れたピ〇パ使わずに久しぶりに切符を買ったなんでも、今度は男の子 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ペルソナ4 お題:いわゆる14歳 制限時間:15分 読者:496 人 文字数:295字 お気に入り:0人
恋をした色素のうすい髪ガタイのいい体高い身長予想斜め右上を行くボケすべてが愛おしい彼が欲しいこれは所謂恋する乙女所謂14歳彼が欲しいとおもうのは所謂独占欲彼が傷 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ペルソナ4 お題:うわ・・・私の年収、葬式 必須要素:七五調 制限時間:1時間 読者:366 人 文字数:1081字 お気に入り:0人
お葬式 ちゃんとあげら れるのかなそんな事を ふと呟くと 彼は言う「馬鹿ですか 道で倒れて 居るなんて」『ご飯をね 食べてなかった んだよね☆』「倒れるほどっす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ペルソナ4 お題:うわ・・・私の年収、葬式 制限時間:1時間 読者:383 人 文字数:339字 お気に入り:0人
うわ…年収がやばい『これは生きてけないレベル…?』通帳を見ながら呟く八十稲羽は仕事が少なすぎる『ガソスタも無理だしなぁ…』グニャリあれ目の前が歪んでるそういえば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ペルソナ4 お題:弱い神様 制限時間:4時間 読者:425 人 文字数:243字 お気に入り:0人
「菜々子」彼は寂しそうに従姉妹の名前を呼んでいる菜々子彼はその子を助けたいと言っていたついでに私も助けたいと言っていたでもそれは無理私を助けたら彼女が死ぬ彼女を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ペルソナ4 お題:斬新な奈落 制限時間:4時間 読者:385 人 文字数:401字 お気に入り:0人
ここは斬新な奈落行っちゃえば何も無い所あー何もないなーなんて思いながら私は彼を待つもう彼は同じ時間を何周しているんだろう何回、私に会っては壊れやり直しているんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃川時雨@キミのあそこにダブルニードル ジャンル:ペルソナ4 お題:日本式の処刑人 必須要素:スキンケア 制限時間:15分 読者:451 人 文字数:2546字 お気に入り:0人
階段を上ることを拒むようになったのは、いつからだろう。あの女を、テレビに落とした時からだろうか。それとも、二人目?懸賞で当たったけど不要だから、と上司に半ば押し 〈続きを読む〉