ユーザーアイコン
作者:林檎@黄笠くれ ジャンル:黒子のバスケ 黄笠 お題:茶色い夫 制限時間:15分 読者:574 人 文字数:663字 お気に入り:0人
「黄瀬…。どうしたんだその恰好?」俺はいつもと違う黄瀬の恰好を見て訊ねた。「自分でもよくわかんないんスよ…。気が付いたら体がチョコになってて……」「体が……チョ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ときわ\反省/ ジャンル:黒子のバスケ 黄笠 お題:明るい経歴 制限時間:15分 読者:395 人 文字数:722字 お気に入り:0人
見てよせんぱい!云うなりその男が手にしたものをばらばらとテーブルの上に落とした。幾枚も、幾枚も落ちてゆくそれは紙で、紙の束、で、鮮やかなカラー写真であったり、モ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ときわ\反省/ ジャンル:黒子のバスケ 黄笠 お題:誰かと春 制限時間:15分 読者:416 人 文字数:786字 お気に入り:0人
ず、ざ、ざ、ざ、ざ、その音は、聞きなれた潮騒に似ていた。ざ、ざ、ざ。細かな砂に脚をとられながら、幾度も幾度も走っては、その度に耳にしたあの音。ず、と、裸足が畳を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:黒子のバスケ 黄笠 お題:ゆるふわ愛され正義 必須要素:時限爆弾 制限時間:15分 読者:872 人 文字数:672字 お気に入り:0人
海常高校一年。男子バスケ部のレギュラー。ルックス良し、運動神経良し、学力はまぁそこそこの、いわゆる俺は――"イケメン"ってやつ。「き、黄瀬くん!お、おはよう!」 〈続きを読む〉