ユーザーアイコン
作者:鷲野眼 紘 ジャンル:ROSE GUNS DAYS お題:永遠のプロポーズ 必須要素:チューペット 制限時間:1時間 読者:224 人 文字数:984字 お気に入り:0人
差し出された手と、ひまわりのような明るい笑顔。それがひどく眩しくて……せめて夢であったならよかったのにと、暗く濁った目の前の瞳を見つめて、……私は。綺麗な子だな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ROSE GUNS DAYS お題:見知らぬ天井 必須要素:サスペンス 制限時間:15分 読者:262 人 文字数:494字 お気に入り:0人
ぱちりと目を開けて、彼は見知らぬ天井を仰ぎ見ていた。「…………ここは……?」鈍く痛む頭を擦りながら、彼――フィリップ・バトラー大尉は寝ころんでいたソファから身を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
秋の悪夢 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ROSE GUNS DAYS お題:俺の秋 制限時間:15分 読者:472 人 文字数:311字 お気に入り:0人
10月。秋の只中の季節。朝晩はすっかり冷え込むようになった。昼は気温が上がるが、そろそろ半袖には涼しい季節だ。半裸ならばなおさら。寒くはないけれど、剥き出しの肌 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:ROSE GUNS DAYS お題:猫の探偵 必須要素:自動車保険 制限時間:30分 読者:417 人 文字数:895字 お気に入り:0人
「もー! またエンストかしらー!」女の甲高い声が上がる。運転席から小柄な金髪の女性がぴょんと降りてくる。「あんた、またじゃない! もうちょっとまともな運転はでき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ROSE GUNS DAYS お題:急な弁当 制限時間:15分 読者:468 人 文字数:791字 お気に入り:0人
『……なんですか、これ?』フィリップ・バトラー大尉は胡乱な目で上司を見つめる。バトラーの上司、ガブリエル・鏑谷少佐は満面の笑みをキョトンとした表情に変え、首を傾 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鷲野眼 紘 ジャンル:ROSE GUNS DAYS お題:遅すぎた神話 制限時間:15分 読者:510 人 文字数:255字 お気に入り:0人
冷たい墓の前に、男は佇む。鮮やかな色のスーツですらも、静かなこの空間ではいくらか落ち着いて見えた。男は腕に抱えていた花束を置く。手を合わせようかと思ったが、西洋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ROSE GUNS DAYS お題:限界を超えた深夜 必須要素:おっぱい 制限時間:15分 読者:527 人 文字数:527字 お気に入り:0人
『いっひっひ、おっぱいハーレムさいこー!』むにゃむにゃとそんな寝言をもらす男を、冷たい視線が見つめていた。現在幸せそうに眠っている男が爬虫類のような冷え切った目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
地下室 ※未完
作者:鷲野眼 紘 ジャンル:ROSE GUNS DAYS お題:これはペンですか?違うわ、それは地下室 制限時間:30分 読者:667 人 文字数:705字 お気に入り:0人
『フィル。とっておきの物を用意したんだ』にこやかに笑い、上官は古そうな鍵を目の前につきだした。『えーっと、これはペンですか?』『ははははは、君はおかしなことを言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ROSE GUNS DAYS お題:打算的な監禁 制限時間:15分 読者:898 人 文字数:343字 お気に入り:0人
『なぜ君は逃げないのかな?』笑顔で問いかける。バトラーは不機嫌そうな顔をして、そっぽを向いた。それまでも軟禁に近い生活を強いてきた。彼が私を裏切ろうとしたので、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
仮面の天使 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ROSE GUNS DAYS お題:漆黒の闇に包まれし演技 制限時間:15分 読者:539 人 文字数:285字 お気に入り:0人
胸の中の狂気を隠し、ずっと猫を被ってきた、とんだタヌキ野郎。そんな奴の正体に気付いたのは、きっと俺だけだろう。どういうわけか俺にだけは本音を晒してきた少佐殿の、 〈続きを読む〉