ユーザーアイコン
作者:松木りん ジャンル:パタリロ! お題:あいつと声 制限時間:30分 読者:1157 人 文字数:662字 お気に入り:0人
心配だから電話をくれ、と言われた時は鼻で嗤った。わたしたちの関係は皆が承知しているのだから、なにかあれば必ず彼の元にも連絡が行く。便りがないのはよい頼りだと信じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:パタリロ! お題:生かされた春雨 制限時間:30分 読者:985 人 文字数:1587字 お気に入り:0人
「待って、閉めないでよ。」午前中、バンコランの住むマンションの窓の外には桜吹雪が舞っていた。ひらりひらりと風に乗り、散っては風に運ばれる桜を見ながらマライヒとバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:松木りん ジャンル:パタリロ! お題:うわ・・・私の年収、アパート 制限時間:15分 読者:846 人 文字数:544字 お気に入り:0人
マリネラはダイヤで潤う豊かな国だ。だが不可解なことに、国王付きの武官であるタマネギたちは、なぜだか常に経済的に困窮している。大の男があの年収でどうやって暮らして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:パタリロ! お題:冬の神様 制限時間:30分 読者:887 人 文字数:1781字 お気に入り:0人
「わぁ、降ってる。」咄嗟に漏れたマライヒの声を聞いてバンコランは窓際へ寄った。細い指でカーテンをすす、と上げると外には、小さな白い雪がちらりちらりと降っていた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:パタリロ! お題:恐ろしい食堂 制限時間:30分 読者:1058 人 文字数:1689字 お気に入り:0人
チチ、チチチ、と鳥の鳴く声が、カーテンの奥の窓の外から元気よく聞こえる。バンコランが仕事を終え、愛する良妻と布団に潜りこんだのは明け方も近い午前3時半であった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:パタリロ! お題:素晴らしい電車 制限時間:15分 読者:897 人 文字数:1081字 お気に入り:0人
「久しぶりだなぁ、バンコランとこうして旅行だなんて。」「あぁ、このところ全く休みが無かったからな。今日はお前の思う存分旅行に付き合おう。」「嬉しい。ありがとう、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:パタリロ! お題:私の空 制限時間:30分 読者:921 人 文字数:1729字 お気に入り:0人
「バンコラーン!バ~ンコランっ、バンバンバンコラン~!」けたたましい足音でバンコランはやっと落ちかけていた眠りの底から粗々しく引き出された錯覚に遇った。「バァン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:パタリロ! お題:僕と恋人 制限時間:30分 読者:1329 人 文字数:1492字 お気に入り:0人
性欲処理と彼「はっ、女みてぇなツラしてるからどうかと思ったら、お前まだ処女かよ?」「あぐっ、いやだ、嫌だァッ!離せ!こんな…こんなことして良いと思ってるのか!? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:パタリロ! お題:阿修羅お茶 必須要素:パンツ 制限時間:30分 読者:774 人 文字数:1774字 お気に入り:0人
「マントヒヒ、阿修羅というものを知ってるか?」陽の光が優しく入り込むテラスで午後のアイスティーを飲み始めたところに、聞き覚えのある(覚えたくもないが)潰れ二頭身 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よしこ@所得倍増計画 ジャンル:パタリロ! お題:官能的な作品 必須要素:うへへ 制限時間:30分 読者:1012 人 文字数:1425字 お気に入り:1人
パタリロ・バンパタです。「あらすじイギリス国王ジョージ6世が作らせ、現在はデンマークのさる貴族の所有するマリネラ産ダイヤモンドとジュエリーが、本物か否か。ロンド 〈続きを読む〉