ユーザーアイコン
作者:おくらさん ジャンル:RTしたフォロワーさんを着物少女化 お題:打算的な夜風 制限時間:1時間 読者:481 人 文字数:40字 お気に入り:0人
毎年のことだけど、まこれだけ小さな山間の村には、大きな社なんて望むべくもない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おくらさん ジャンル:RTしたフォロワーさんを着物少女化 お題:急な勇者 制限時間:1時間 読者:454 人 文字数:1275字 お気に入り:0人
秋口の夕方。居間で書き物をしていると、着物荘の住人が一人帰ってきて、「なあなあなあ聞いて聞いて」と話かけてきたので、それについても記す。それは浴衣の上にカーディ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おくらさん ジャンル:RTしたフォロワーさんを着物少女化 お題:不屈の母性 制限時間:30分 読者:460 人 文字数:1200字 お気に入り:0人
「よーしよしよしいい子だね」私が背中を撫でると、猫は目を閉じて嬉しそうにした。懐中から取り出した折りたたみ式の携帯電話で、その様子を撮影してみたが、どうにも画質 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おくらさん ジャンル:RTしたフォロワーさんを着物少女化 お題:ひねくれた熱帯魚 制限時間:1時間 読者:442 人 文字数:610字 お気に入り:0人
朝、着物荘には人がいちばん少ない。ここには、僕のようにここで暮らしている子の他に、それぞれの家からここへ遊びに来る人もいて、そういう人たちがいない朝の時間は、一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おくらさん ジャンル:RTしたフォロワーさんを着物少女化 お題:朝の暗殺者 制限時間:30分 読者:469 人 文字数:610字 お気に入り:0人
獣臭い。朝の冷たい空気の中、顔の上だけがあたたかい。手で枕元のスマホを探り、顔の上にかざした。不思議と目の前が真っ暗なままだった。あと、相変わらず獣臭い。「みぃ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おくらさん ジャンル:RTしたフォロワーさんを着物少女化 お題:男同士の月 制限時間:30分 読者:424 人 文字数:917字 お気に入り:0人
○○年△月☓日暖かくなったからだろうか、兄たちが縁側で月を肴に酒を飲んでいるのを見かけた。私もそれに混ざりたいという気持ちはないが、なんとなく何を話しているのか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おくらさん ジャンル:RTしたフォロワーさんを着物少女化 お題:彼が愛した唇 制限時間:30分 読者:445 人 文字数:608字 お気に入り:0人
指がキーボードを叩いて、目が画面の文字を追う。話の種に、こうして日頃心に浮かんだことや見たものを記録しておくと、いざというときに困らない。とはいえ、調子に乗って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おくらさん ジャンル:RTしたフォロワーさんを着物少女化 お題:苦しみの償い 制限時間:15分 読者:498 人 文字数:510字 お気に入り:0人
手に持ってみたものの、いざ何を書いたものかわからなくなる。そのまま手のひらで携帯電話を弄ぶと、結局画面を暗転させて、また懐中にしまった。その様子を見ている人は誰 〈続きを読む〉