ユーザーアイコン
悲劇のデマ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:バットマン お題:小説のデマ 必須要素:悲劇 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:615字 お気に入り:0人
「あ、あ、ああ、違うの! 違うの! 私は……私は……!」 雨が降り注ぎむなしく女性の嗚咽があがる。「遅かったか……!」 闇から現れたのはボーイワンダー・ロビン、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
小説かの祝福 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:バットマン お題:小説家の祝福 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:685字 お気に入り:0人
ゴッサムシティ。闇と光が交錯する街。 今宵、一人の小説家が自殺した。 それこそが始まり総ての始まり闇と光が交錯し、街の一角が燃えている。「こちらリポーターのビ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青柳(蝙蝠女体化専用) ジャンル:バットマン お題:不本意な傘 必須要素:セリフのみ 制限時間:30分 読者:472 人 文字数:711字 お気に入り:3人
※必須要素:セリフのみって(むちゃぶりだ)「ディック。どうした」「やあブルース、アルフレッドは今ちょっと手を離せないんだって」「そうか」「あれ、今落胆した?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青柳(蝙蝠女体化専用) ジャンル:バットマン お題:走る火事 制限時間:30分 読者:283 人 文字数:878字 お気に入り:2人
「ブルースは、ちょっとは節約とか考えたり、しないの?」 ティムの言葉に、ブルースは小首をかしげた。そしてティムはその仕草をスマートフォンの動画撮影機能で録画し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葉ぼたん ジャンル:バットマン お題:小さな道 制限時間:15分 読者:439 人 文字数:491字 お気に入り:0人
俯く男を見下ろしながら、緑色のハットを被った男は無感動に唇を動かす。「ならば私はこの計画から下ろさせてもらう。まだ知られて困る所まで話してはいないんだろう? あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:倫敦の若大将カイキャク ジャンル:バットマン お題:ラストは心 必須要素:外国語・外来語禁止 制限時間:15分 読者:617 人 文字数:677字 お気に入り:0人
懇願めいた説得を浴びせられても、ブルースの心は微動だにしない。むしろ、内心蔑む面もないわけではなかった。超人であるスーパーマンと人間であるブルース。初めから、見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:倫敦の若大将カイキャク ジャンル:バットマン お題:かっこいい食器 必須要素:Twitter 制限時間:15分 読者:594 人 文字数:1274字 お気に入り:0人
スーパーマンは無敵の男だ。少なくとも、彼を知ってそういった感想を持たない者はいない。弾丸も効かず、毒薬も無効化する。呆れるほどにタフな男だ。だが、彼は執拗に道徳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:倫敦の若大将カイキャク ジャンル:バットマン お題:大きなアパート 必須要素:コメディ 制限時間:15分 読者:603 人 文字数:1341字 お気に入り:0人
スーパーマンの反対側から、緑色の光が差し込んだ。グリーン・ランタンもやってきていた。彼の能力も想像を絶するものだ。無数の監視を躱して潜り込むのは、決して不可能で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:倫敦の若大将カイキャク ジャンル:バットマン お題:進撃の真実 必須要素:ラストで死ぬ 制限時間:15分 読者:872 人 文字数:1346字 お気に入り:0人
暗い洞穴、蜥蜴と蝙蝠の棲家。広大な空間に恐竜や巨大なモービル、飛行機等様々な物が設置されてある。並ぶは歴代の激戦を潜り抜けてきたスーツが執事の管理によって丁重に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やるやらこ~る ジャンル:バットマン お題:小さな愉快犯 制限時間:30分 読者:398 人 文字数:715字 お気に入り:0人
白いメイクを施した俺はもう余命少なかった。蝙蝠男との戦い、留置所に送られ、そこでとある女医に手助けしてもらい脱獄した。 そんな俺は再び、蝙蝠男の前に立っていた 〈続きを読む〉