ユーザーアイコン
腐れ外道 ※未完
作者:blokus ジャンル:回転むてん丸【腐】 お題:汚い独裁者 制限時間:30分 読者:656 人 文字数:427字 お気に入り:0人
寂れた裏路地に男が一人這いつくばり、目の前に立つスーツ姿の男に血走った目を向けていた。「この金の亡者どもめ!イカサマをしてまで金が欲しいか!」這いつくばった男の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:blokus ジャンル:回転むてん丸【腐】 お題:何かの使命 制限時間:30分 読者:743 人 文字数:542字 お気に入り:0人
「いや、アタシら、就職するとこ間違えんたんじゃねぇの?」「これ、就職っていうのかしらね、お姉ちゃん。」絶賛スパイ活動中のエリスがぼそりと漏らした呟きをリトールが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
過去の遺物 ※未完
作者:blokus ジャンル:回転むてん丸【腐】 お題:可愛い英霊 制限時間:30分 読者:586 人 文字数:465字 お気に入り:0人
一見、華やかに見えるユーロピアにも暗部は掃いて捨てるほどある。十数年前に起きた戦争は表面上は完全に終わったとされているが、今もなおその戦争に引きずられ続けている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
病院が珍しい ※未完
作者:blokus ジャンル:回転むてん丸【腐】 お題:私と病院 制限時間:30分 読者:537 人 文字数:769字 お気に入り:0人
メガロポリスでの事件の次の日、事件で傷ついたむてん丸くんやみんなといっしょにその一応深い傷が無いか調べるためと言われ、病院に来ていた。 私はずぅっと私の部屋に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:blokus ジャンル:回転むてん丸【腐】 お題:自分の中の小説上達法 制限時間:30分 読者:716 人 文字数:712字 お気に入り:0人
「ねぇ、テツジンは本とか読むの?」 そうやって、むてん丸パーティー加入間もないテツジンに話しかけてきたのはシノブであった。「本ですか……本を読むという行動はプロ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
路地裏の契約 ※未完
作者:blokus ジャンル:回転むてん丸【腐】 お題:絶望的な狸 制限時間:30分 読者:605 人 文字数:774字 お気に入り:0人
薄暗い路地に二人の人影がゆらゆらと揺れる。「ほうほうほう。これはこれは!まさか自分から、ディシウムを取り込みたいという奇特な人間が現れるとはネェ……」 アスタ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:blokus ジャンル:回転むてん丸【腐】 お題:紅茶と社会 制限時間:30分 読者:642 人 文字数:939字 お気に入り:0人
所謂お貴族様の優雅なティータイム。ペッテンは同僚が何が何でも譲らないその時間が無性に落ち着かない。 営業時間外の客のいない昼間のカジノは静まりきっている。大勢 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:blokus ジャンル:回転むてん丸【腐】 お題:くだらない夕方 制限時間:30分 読者:559 人 文字数:631字 お気に入り:0人
トゥナ・ヴェンタ・ゾアは己がとても恵まれているであろうことに幼いながら気がついている。いや、あるいは、10歳が持つにしては規格外の頭脳によって気付かされている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:blokus ジャンル:回転むてん丸【腐】 お題:男の出会い 制限時間:30分 読者:691 人 文字数:547字 お気に入り:0人
はっきり言ってしまえば、その男の第一印象は良くなかった。いかにも恵まれている者の言動。子供っぽくて、直情的。この男が本当にそれなりに名の知れた研究者なのかと疑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:blokus ジャンル:回転むてん丸【腐】 お題:明るい境界 制限時間:30分 読者:551 人 文字数:627字 お気に入り:0人
相手の視線がそれた隙に袖に隠してあったカードと手元の札を入れ替える。ギャンブルをしている時に相手から視線をそらすなど愚の骨頂だと先輩から教わった。だから、イカサ 〈続きを読む〉