ユーザーアイコン
作者: ジャンル:NARUTO お題:ドイツ式の別居 制限時間:30分 読者:71 人 文字数:1533字 お気に入り:0人
・誰視点?シスイ視点 森の上には雲の少ない澄んだ青空が広がっている。深い緑の葉をつけた大木の、太い枝の上に腰を下ろしていたシスイは、改め終えた忍具を荷の中にしま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:NARUTO お題:僕の好きな暴力 制限時間:30分 読者:120 人 文字数:1484字 お気に入り:0人
うずくまった男が畳の上におびただしい量の血を吐いたのを見て、部屋の端で震えていた女が悲鳴を上げた。男を見下ろしていた鬼鮫がつと目を動かして視線を向けると、女は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:NARUTO お題:激しい小説の書き方 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:576字 お気に入り:0人
部屋の明かりをつけなくともいいと鬼鮫に言ったのはイタチだった。窓際で月明かりを拾いながら本を読んでいたイタチが、自分と同じく淡い紫に染めた爪で、最後のページを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:飴子 ジャンル:NARUTO お題:小説家の栄光 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:497字 お気に入り:0人
出来るならあの赤い髪の子供を見付けて、もう一度だけ優しい瞳に語りかけてやりたかった。臨む水面がたぷたぷと揺れている。美しい青と表現したかったが、そうするにはあま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:飴子 ジャンル:NARUTO お題:何かの血 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:528字 お気に入り:0人
私は風の国と火の国の丁度境の辺りで、宿を開いております。二代前から続く老舗を売りにしているものですから、家屋に少々傷みもありますが、手入れは十分に行っており、質 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:飴子 ジャンル:NARUTO お題:大きなコンサルタント 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:394字 お気に入り:0人
殺しを始めた年齢の頃には、もう一人で生活する事にも慣れきっていた。いわゆる家族という存在の記憶がまるでなかった為、赤ん坊の時にはすでに捨てられていたのかも知れな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:飴子 ジャンル:NARUTO お題:誰かの巨人 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:531字 お気に入り:0人
まだ五つ程の幼い頃の話だ。黒い巨人に追い掛けられたと散々泣いて、兄をたいそう困らせた事がある。綺麗なオレンジ色の夕焼けが空を染めている頃の事で、アカデミーから帰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
驟雨に惑う ※未完
作者:シンリ ジャンル:NARUTO お題:無意識のにわか雨 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:175字 お気に入り:0人
パンッと乾いた音が部屋の中に響いた。 気が付くとテマリは目の前の男の頬に平手をくらわせていた。 予想以上に力が入っていたらしく男の頬は赤く腫れ上がっており、打 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:NARUTO お題:夜の出会い 必須要素:パーカー 制限時間:15分 読者:183 人 文字数:746字 お気に入り:0人
修行に煮詰まった私はパーカーを羽織って、私は里の中でも夜闇に明るく光る街に向かって歩き出した。夜の木の葉の里は、昼間とは全然違う姿をしている。夏の終わりの涼しさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:USYS(るりなさんだよ) ジャンル:NARUTO お題:東京私 制限時間:15分 読者:447 人 文字数:799字 お気に入り:0人
「俺、お前のこと好きなんだってばよ」「へえ、そう」 うずまきナルトの一世一代の告白は、こうして流されて終わった。 告白された相手、サスケはと言うと、ナルトのベッ 〈続きを読む〉