ユーザーアイコン
ツイてない男 ※未完
作者:シンリ ジャンル:NARUTO お題:残念な躍動 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:155字 お気に入り:0人
「牙通牙!」 キバと赤丸の息の合ったコンビネーションから放たれた一撃が次々と敵をなぎ倒していく。 陽動を任せたのだが、この調子ならキバと赤丸だけで敵を一掃してし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
支えるもの ※未完
作者:シンリ ジャンル:NARUTO お題:日本職業 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:148字 お気に入り:0人
「うーん」「どうすんだよ。これ」 放課後の教室でナルトとキバは頭を抱えていた。 机の上にはまったく同じ二枚のプリント。 そこには担任のうみのイルカの字で“職業体 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:NARUTO お題:昼の小説新人賞 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:161字 お気に入り:0人
「それでは、今年の木ノ葉出版新人賞の発表です!」 ラーメンを啜るのをやめてラジオから聞こえてくるノリのいいパーソナリティのお姉ちゃんの声に耳を傾ける。 幸い店に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
木ノ葉の奇祭 ※未完
作者:シンリ ジャンル:NARUTO お題:斬新な光景 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:221字 お気に入り:0人
「な、なにが起きてるんだ?」 第四次忍界大戦が終結してから早半年の月日が流れたある日、風影の使いで木ノ葉を訪れたテマリは目の前に広がる異様な光景に目を疑った。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:NARUTO お題:死にぞこないの男祭り! 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:233字 お気に入り:0人
ジューという肉の焼ける音がやけに耳に響く。ディナータイムの焼肉Qの店内は多くの客でごった返していてとても賑やかだったが、このテーブルだけは静寂が支配しているらし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:NARUTO お題:裏切りの暗殺者 制限時間:30分 読者:90 人 文字数:185字 お気に入り:0人
頬に添えられていた白い手が頬を伝いながら首へと降りていく。外気によって冷やされたその細長く美しい手は頸動脈の辺りで動きを止めた。「何してんだ?」数か月ぶりの甘い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:NARUTO お題:ドイツ式の別居 制限時間:30分 読者:195 人 文字数:1533字 お気に入り:0人
・誰視点?シスイ視点 森の上には雲の少ない澄んだ青空が広がっている。深い緑の葉をつけた大木の、太い枝の上に腰を下ろしていたシスイは、改め終えた忍具を荷の中にしま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:NARUTO お題:僕の好きな暴力 制限時間:30分 読者:349 人 文字数:1484字 お気に入り:0人
うずくまった男が畳の上におびただしい量の血を吐いたのを見て、部屋の端で震えていた女が悲鳴を上げた。男を見下ろしていた鬼鮫がつと目を動かして視線を向けると、女は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:NARUTO お題:激しい小説の書き方 制限時間:15分 読者:192 人 文字数:576字 お気に入り:0人
部屋の明かりをつけなくともいいと鬼鮫に言ったのはイタチだった。窓際で月明かりを拾いながら本を読んでいたイタチが、自分と同じく淡い紫に染めた爪で、最後のページを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:飴子 ジャンル:NARUTO お題:小説家の栄光 制限時間:15分 読者:130 人 文字数:497字 お気に入り:0人
出来るならあの赤い髪の子供を見付けて、もう一度だけ優しい瞳に語りかけてやりたかった。臨む水面がたぷたぷと揺れている。美しい青と表現したかったが、そうするにはあま 〈続きを読む〉