ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:純白の冒険 必須要素:大阪 制限時間:4時間 読者:37 人 文字数:763字 お気に入り:0人
今日は僕の初めての大阪出張だ。大阪には何が有るのだろうか。きっと、愉しい事でも有るんだろう。何処かで犬が吠えている。そう云えば。自殺嗜好の隣の人は犬が大嫌いだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:生かされた人々 必須要素:男使用不可 制限時間:2時間 読者:33 人 文字数:248字 お気に入り:0人
私は、泉鏡花。三月で35人殺した。そんな私は、何で生きているのだろう。死ななくてはならない人間なのに…。何で。何で貴方は、私に【生きても良いんだよ】って云ってく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:小説の事件 制限時間:2時間 読者:149 人 文字数:1030字 お気に入り:0人
「つっかれた……」中原中也はげんなりしたように倒れ込んだ。江戸川乱歩の策略で、小説の中に閉じ込められたのだ。そして乱歩はさっさと抜け出してしまったが、中也は流石 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宙@立海待機 ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:緑のわずらい 制限時間:1時間 読者:169 人 文字数:1806字 お気に入り:0人
漸く鼻が麻痺して血の匂いを感じなくなった頃、次に周囲を包んだのは人の肉が焼ける匂いだった。 敵のアジトを跡形もなく消し去るという任務は、生け捕り対象も引き出す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
蹴球 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:打算的なサッカー 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:262字 お気に入り:0人
「球蹴りの何がおもしろいんだい?」女が言った。「あン?」それに男は足の下のボールを転がしながら答える。ボールは五角形の連なりに白と黒が規則的に配置された、「サッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:青い感覚 制限時間:30分 読者:197 人 文字数:784字 お気に入り:0人
――ああ、この感覚だ。 不規則に肌を打つ無数の滴。背中を包む冷たく弛んだ土。髪を濡らしていく水の流れ。 生物の生にも死にも近い、五感を揺るがすこの感覚。――これ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:近い死刑囚 必須要素:文学 制限時間:15分 読者:359 人 文字数:443字 お気に入り:0人
中原中也ははチャリチャリと鍵の音を鳴らしつつ、独房の通路を闊歩していた。 「見廻りかい?幹部も大変だねぇ」へらり、と笑う元相棒の顔には、いつも以上に生気が感じら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:緑の視力 必須要素:復讐劇 制限時間:15分 読者:379 人 文字数:852字 お気に入り:0人
「ふうん。復讐劇、ねえ」「乱歩さん、何かわかったんですか」 敦は脅迫状を眺める乱歩の隣から、顔をのぞかせながら尋ねた。「わかったというか、わかんないというか」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:フハハハハ!それは机 制限時間:30分 読者:217 人 文字数:1029字 お気に入り:0人
「フハハハハ!乱歩くん、ようやく吾輩の価値が見えてきたようであるな!年月を経て磨かれたこの最高傑作、とくと味わうが良い……!」「……ハイ見つけた。自信満々そうだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろこちゃん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:部屋とYシャツとぐりぐり 制限時間:1時間 読者:579 人 文字数:1638字 お気に入り:0人
カーテンの隙間から刺すような日差しが不愉快で眉をひそめながら目を覚ました。前日の記憶はなく、また今が正午なのか、明け方なのかすら判別はつかない。億劫な瞼を開きな 〈続きを読む〉