ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:グレゴリーホラーショー お題:やば、小説修行 制限時間:4時間 読者:380 人 文字数:1651字 お気に入り:0人
狂ったホテルの前に立ち竦んでいた時点で色々詰んでいたのだ。精神疲労が酷くなるに連れ頭が割れそうになる耳鳴りが嫌で自室に戻らずふらふらホテル内を歩いていた。頭とは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:グレゴリーホラーショー お題:ゆるふわ愛され病気 制限時間:4時間 読者:299 人 文字数:2302字 お気に入り:0人
ホテルの子供達と遊ぶのは何時だって命がけ。可愛い姿をしてやることはえげつない事をすっかり失念していた。恐怖からくる緊張に胸をおさえ、今更悔やんでも悔やみきれない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:グレゴリーホラーショー お題:黄色い空 制限時間:1時間 読者:425 人 文字数:1832字 お気に入り:0人
何事も第一印象で決まり、第一印象だけで何事も決め付けてはいけない。見っとも無く悲鳴を上げ、形振り構わず逃げ回り、詰まらない事が原因で何度も失敗する。そんな彼女に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:グレゴリーホラーショー お題:初めての極刑 制限時間:1時間 読者:413 人 文字数:1941字 お気に入り:0人
このホテルに迷い込む者達はみんな揃って何処かが欠落している。常識、モラル、良心、言動その他諸々。不良品の集うこの場所はさながら廃棄すらされず、売られる日を夢見て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:グレゴリーホラーショー お題:僕と狙撃手 制限時間:1時間 読者:483 人 文字数:3614字 お気に入り:0人
排他して、拒絶して、忌み嫌って。絶対になりたくないって思っていたのに自分がその一部になってしまうのって一体どんな気持ち?不気味なホテル。いつでも薄暗く埃と黴の匂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:グレゴリーホラーショー お題:猫の善人 制限時間:30分 読者:435 人 文字数:1481字 お気に入り:0人
この噂の出所、そして広がりの元凶を知っていたがあえて云う事をしなかった。何故なら自分にとって何もならないから。少し前よりマシになったガールはホテル内から根も葉も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:グレゴリーホラーショー お題:馬鹿な運命 制限時間:30分 読者:384 人 文字数:1624字 お気に入り:0人
「あら~?ママも飲みたい気分?」「…おや、珍しい客がいるじゃない」ベルが鳴る。カウンター席に座っていたキャサリンが振り向けば其処には禍々しさを具現化させたような 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:グレゴリーホラーショー お題:知らぬ間の朝日 必須要素: 制限時間:30分 読者:471 人 文字数:1150字 お気に入り:0人
一階廊下。客室が連なる一角の重々しい鉄扉の右隣。割かし新しく来た客人の部屋の前に彼女は膝を抱え蹲っていた。膝に顔を埋め、身動きせず逃げない様はまさに格好の的。丁 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:グレゴリーホラーショー お題:とびだせ酒 制限時間:1時間 読者:537 人 文字数:1514字 お気に入り:0人
「心のないブリキのロボット、臆病なライオン…。まるでオズの魔法使いね」溶けた氷がカラリとグラスの中で音を立てる。淡く頬を染めた君は随分御機嫌そうに僕を見ながらふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:グレゴリーホラーショー お題:苦い恋 制限時間:1時間 読者:504 人 文字数:2545字 お気に入り:0人
静かな夜。ふと目がさえて目蓋を開けた。身じろぎしながら起きあがり、変わり映えのない部屋を見渡す。照明が無い部屋は薄暗い。でも慣れてしまえば何処に何かあるか薄ら分 〈続きを読む〉