ユーザーアイコン
作者:夢夜 ジャンル:ときめきメモリアルGirl's Side 3rd Story お題:刹那のわずらい 必須要素:背後で爆発音 制限時間:15分 読者:185 人 文字数:546字 お気に入り:0人
キッチンに背を向けるようにしてカウンターに座る。背後にあるキッチンでは弟が珍しく料理――といえるのか?――をしていた。何があったのかは知らないが、急にやると言い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ときめきメモリアルGirl's Side 3rd Story お題:出来損ないの教室 制限時間:15分 読者:221 人 文字数:551字 お気に入り:0人
窓から外を眺める。放課後の教室に生徒は誰もいない。ふうっと息を吐いた。「あいつらも卒業、か……」印象的な生徒が多い学年だったな、と思う。問題児が多いと言われれば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ときめきメモリアルGirl's Side 3rd Story お題:うるさい不動産 制限時間:15分 読者:233 人 文字数:430字 お気に入り:0人
俺達は、この古い家に住んでいる。家と言っても、昔の店に住んでるだけで、家とは言わないかもしれない。だけど、そこが俺達の家なんだ。ここが出来たのは、父親の友人がバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ときめきメモリアルGirl's Side 3rd Story お題:臆病な家 必須要素:おっぱい 制限時間:30分 読者:233 人 文字数:618字 お気に入り:0人
台風というのはなんともテンションが下がるものだ。「うちの家、こんな風に台風とかあると、すぐドアが外れちゃうんだ。」明るい声で琉夏は言う。「クククッ…いつも補強し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヨシノ ジャンル:ときめきメモリアルGirl's Side 3rd Story お題:簡単な脱毛 制限時間:30分 読者:599 人 文字数:467字 お気に入り:0人
※琉夏くんと琥一くん(ギャグ)「ねえコウ、脱毛の方法って知ってる?」 夕飯時。慣れた手つきで夕食を作る琥一に向けて、琉夏は何の脈絡もなくそんなことを口にした。コ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
君だけの嘘 ※未完
作者:ヨシノ ジャンル:ときめきメモリアルGirl's Side 3rd Story お題:女同士の嘘 制限時間:15分 読者:516 人 文字数:287字 お気に入り:0人
※紺設(「男同士の嘘」で書きます)「ねえ、設楽。実は僕、ずっと嘘をついていたことがあるんだ」 卒業式の日、紺野がそんなことを言ってきた。いつものように面倒な話が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヨシノ ジャンル:ときめきメモリアルGirl's Side 3rd Story お題:穢された夜風 制限時間:15分 読者:389 人 文字数:368字 お気に入り:0人
※紺野×設楽 三年生にとって高校生活最後の文化祭が終わり、校庭で行われている後夜祭では生徒たちは最後まで楽しみ尽くそうと賑やかに騒いでいる。 その様子を見て今年 〈続きを読む〉