ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:絶対可憐チルドレン お題:知らぬ間の魔法使い 制限時間:30分 読者:769 人 文字数:1241字 お気に入り:0人
その日、バレットは凄まじく眠かった。任務に、趣味関連のイベントに、放映開始した深夜アニメのチェックにと、常に時間に追われた一週間。成長が目覚ましいとはいえ、体は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かずみ@妄想 ジャンル:絶対可憐チルドレン お題:つらい扉 制限時間:15分 読者:542 人 文字数:717字 お気に入り:0人
……この扉を開けば、全てが変わると思っていた。「お前は、ここに居なさい」 そう告げて僕を閉じ込めたお父様。あの時、見るのも辛くなるくらい悄然としていたあの人が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かずみ@妄想 ジャンル:絶対可憐チルドレン お題:100の海 制限時間:15分 読者:548 人 文字数:638字 お気に入り:0人
1の海は、僕が大陸から日本へ来た時の太平洋。 2の海は、僕とゼロ戦が戦った日本海。 3の海は、みんなでイルカを助けた時の日本の領地。 4の海は、みんなでインパ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かずみ@妄想 ジャンル:絶対可憐チルドレン お題:昨日食べた潮風 制限時間:15分 読者:496 人 文字数:811字 お気に入り:0人
昨日何を食べたかって? おいおい、ボケたわけでもあるまいし、その位覚えているに決まっているだろ。 昨日はねえ……うん、潮風。潮風を食べたんだよ、僕。 ……なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かずみ@妄想 ジャンル:絶対可憐チルドレン お題:情熱的なピアノ 制限時間:15分 読者:564 人 文字数:458字 お気に入り:0人
「あ」 小さなピアノの音色が聞こえた。耳を澄まさなければ聞こえない程度のこの音。 ああ、なんと美しい旋律だろう。そういえば昔、不二子さんはよくピアノを弾いていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かずみ@妄想 ジャンル:絶対可憐チルドレン お題:猫の娘 制限時間:15分 読者:623 人 文字数:595字 お気に入り:0人
只今デスクワーク中。この机を埋め尽くすような書類の束を片付けないと、今日は眠れない。「アンディ」 だからユウギリ。「んー?」「あそぼ?」 どんなに可愛らしく小 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かずみ@妄想 ジャンル:絶対可憐チルドレン お題:愛と死の液体 必須要素:武田鉄矢 制限時間:15分 読者:496 人 文字数:617字 お気に入り:0人
*死にかけ。 「泣くなよ」「泣いてない」「嘘つけ」 ではその頬を流れる液体はなんだ。「お前こそ」「泣いてない」「嘘つけ」 いや、それは嘘ではない。少なくとも僕は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かずみ@妄想 ジャンル:絶対可憐チルドレン お題:昼の血 制限時間:15分 読者:499 人 文字数:398字 お気に入り:0人
「真木、今は昼だったよな?」「……? ええ、まあ」 思わず横に佇む部下へ尋ねる。「本当に?」「まあ、午後一時ですからね」 あいにく、僕にはそうは見えなかった。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かずみ ジャンル:絶対可憐チルドレン お題:女の青春 制限時間:15分 読者:527 人 文字数:653字 お気に入り:0人
*中学生チルドレン「女の青春ってなんだろねー」 長いことテーブルに伏せていたと思えば、突然何かよくわからないことを言い始める薫。「ひえ!?」 それで何を想像した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かずみ ジャンル:絶対可憐チルドレン お題:冬の蕎麦 制限時間:15分 読者:531 人 文字数:587字 お気に入り:0人
「年越し蕎麦を作ってみたんだけど、どう?」「うーん、僕の頭にひっくり返された感触を考えると、コシはありそうだな」 べっちゃあ、と、漫画だったら効果音が乗りそうな 〈続きを読む〉