ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:黒子のバスケ お題:日本式の空 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:1607字 お気に入り:0人
笠森あいつ、今は海外だっけ。西に沈む夕日を見て、ふと思い出した。始まったキャンパスライフは、一通り満喫した。もちろん学業の傍らで、色んなサークルに顔を出してみた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:黒子のバスケ お題:安い巨人 必須要素:まいたけ 制限時間:4時間 読者:51 人 文字数:1122字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【かつてのこと】帝光中学校の旧校舎の屋上近くを緑間真太郎は訪れていた。近くなのは屋上には鍵がかかっているからだ。屋上近くの踊り場には目的の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
柔軟の必要性 ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:幸福な秀才 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:671字 お気に入り:0人
彼女の特性なのだろう。じゃあな、と微笑まれれば、うん、と頷いてしまう。この土地を離れる不安、日本に戻る不安、それは漠然とした不安だった。目の前ではなく、もっと先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:不本意な殺し屋 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:709字 お気に入り:0人
麦茶入りましたー縁側から庭に向かってそう言えば、松の木の下にいた赤司が立ち上がって首から掛けているタオルで汗を拭っていた。麦藁帽子にゴム長靴という典型的な農夫ス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:真実の保険 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:798字 お気に入り:0人
顔を合わせにくかったのか、歯をぐっとかみ締めているのが遠目でもわかった。油断すると逃げ出すのかもしれない。逃げ出さずに入る為に、歯を食いしばって耐えているのだろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:黒子のバスケ お題:彼女とわずらい 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:741字 お気に入り:0人
ためらわなかった。苦しんだのはこちら、鋭く長い針で心の臓まで突き刺されたような痛み、しかも一瞬のことだった。気配を感じ、そちらを振り返った、息のつく間もなく敵軍 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:出来損ないのラーメン 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:712字 お気に入り:0人
面白いネタから面白くないネタまで、玉石混交で送られてくるSNSのメッセージだった。まめにチェックはしない。一日の終わりに、たまに長めの休憩がとれた時に、新着マー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:許せない極刑 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:628字 お気に入り:0人
会場は第二会議室目が合った男は、それを聞いて首をかしげた。健康診断でない?男はわずかに微笑んで首を振った。いや、俺は協力会社の人間だからそれは失礼ある程度の企業 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
まつがねの ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:汚れた境界 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:723字 お気に入り:0人
だーいちゃん、と後ろから声を掛けられた。屋上への階段を登り終えて、ちょうど扉を開くところ、そこでスマホが震えたので足を止めた。声を掛けられたからではなく、スマホ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:意外な社会 制限時間:15分 読者:99 人 文字数:807字 お気に入り:0人
緑間はこちらを見つめ、自信の無い口調で言った。いけまさん、ですか?赤司からだろうか。それとも小野からだろうか。こちらの名前を知っているようだった。はい。そうです 〈続きを読む〉