ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:新世紀エヴァンゲリオン お題:誰かの食堂 制限時間:15分 読者:488 人 文字数:896字 お気に入り:0人
誕生日おめでとう。世界で一番美しい朝がやってくる。朝焼けはクリスタルのように透き通る空にガーネット色を落とし、煌びやかに舞い踊る天使の羽を乗せて輝く。世界で一番 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:az ジャンル:新世紀エヴァンゲリオン お題:何かの霧 制限時間:30分 読者:421 人 文字数:1142字 お気に入り:0人
後輩からそれを指摘されたとき僕は稲妻に撃たれた。だが、僕はそれを最も指摘されたくなかった事だった。僕は思わず、涙を流してしまい、恥ずかしくなって、逃げたくなって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小田くん ジャンル:新世紀エヴァンゲリオン お題:左の春 制限時間:15分 読者:397 人 文字数:503字 お気に入り:0人
火鉢はもうそろそろお終いではなくて?そう仰る町娘は雪下駄を履いていたので、そこに一瞥すると「やだ恥ずかしい」と小さく哂った。私は寒がりなんですの、こうしていると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:新世紀エヴァンゲリオン お題:猫の彼 制限時間:15分 読者:434 人 文字数:756字 お気に入り:0人
頬を小さく擦り寄せる。心地よさに目を閉じ、ふわふわと柔らかく風に揺れる銀髪を甘く噛み、くい、と引っ張ると、そのまま真白のシーツが織り成す世界へ倒れ込んでいった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小田くん ジャンル:新世紀エヴァンゲリオン お題:緑の囚人 制限時間:15分 読者:386 人 文字数:800字 お気に入り:0人
「君が先に泣くなんて狡い」それは涙ではなく、欅の葉から零れ落ちた雨の雫だった。泣いてはいないよ、と返すやさしげな甘い声は何処からも聞こえず、ただ鼓膜を貫くのは静 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:az ジャンル:新世紀エヴァンゲリオン お題:真実の犯人 必須要素:穢れたる地上に舞い降りし漆黒の堕天使 制限時間:30分 読者:452 人 文字数:1592字 お気に入り:0人
高校一年生、夏。七月二十一日。今年もやってきた夏休み。今までとの僕とは一味も二味も違う!なぜなら僕には恋人がいる!その彼はまさかのパッと見イケメン外国人!男であ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:新世紀エヴァンゲリオン お題:理想的な天使 制限時間:15分 読者:605 人 文字数:800字 お気に入り:0人
僕にとっての、彼と言う存在は神から贈られたギフトだ。居るかいないかもわからない神に感謝する。こんなに幸福な気持ちになるのは、殆どないだろう。隣で彼が恥ずかしそう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:新世紀エヴァンゲリオン お題:激しい子犬 制限時間:30分 読者:677 人 文字数:1018字 お気に入り:0人
例えるなら、白猫、とカヲルはいつも思う。しなやかな白い肢体に、やわらかに擡げる首筋。背を反らせて伸びをするさまは、猫そのものだ。眠たげな目を手の甲でこしこし擦り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:新世紀エヴァンゲリオン お題:素人のフォロワー 必須要素:個室 制限時間:30分 読者:803 人 文字数:647字 お気に入り:0人
最近シンジ君がツイッターを始めたらしい。そのことを僕に隠しているけれど、とっくにそんなことは確認済みだ。なんといっても大好きなシンジ君のことだからね。僕もさっそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:新世紀エヴァンゲリオン お題:反逆の地獄 必須要素:ゲ○ 制限時間:1時間 読者:647 人 文字数:1956字 お気に入り:0人
ミサトは被保護者の少年の、薄手のシャツから透けるシャツをまじまじと見つめてから仕方ないわねと溜息をついた。「病院、行かなくていいのね?」 NERVの制服に既に 〈続きを読む〉