ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:血界戦線 お題:出来損ないの小説家 制限時間:30分 読者:69 人 文字数:1644字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【ライブラのとある日】その日、レオナルド・ウォッチがライブラの執務室に入るとソファーでエルセリーザ・ディライトが仰向けに寝そべりながら小説 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:血界戦線 お題:忘れたい冥界 制限時間:1時間 読者:56 人 文字数:2597字 お気に入り:0人
おはようございます、と見覚えのある糸目に眺められながら目覚めは中々に悪くてげんなりする。あー、と短く吐いた言葉は決して返事なんかでは無かった。というか返事をす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:血界戦線 お題:アブノーマルな祝福 制限時間:1時間 読者:309 人 文字数:2393字 お気に入り:0人
「祝福のキスを贈りたいと思う」 その日の堕落王フェムトが発した言葉はとても唐突な内容で、レオナルドは手に持った封筒を危うく取り落としかけた。 帰宅した部屋にいつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:血界戦線 お題:夜と団欒 制限時間:30分 読者:446 人 文字数:2540字 お気に入り:0人
一応の終業時間は十八時ということになっている。 始業は九時から。だが守っている人はほとんどおらず、平気で二週間こない人もいれば、毎日律儀に来る人もいるし、一瞬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:血界戦線 お題:素晴らしい目 制限時間:15分 読者:365 人 文字数:722字 お気に入り:0人
「君の目は素晴らしい」 言われたのは昔のことだ。クラウスと出会う前、大崩落の何年前だっただろうか。「一体どこがです」 聞き返すと、彼は顎に手を当てて少しばかり考 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:血界戦線 お題:熱い勝利 制限時間:15分 読者:436 人 文字数:1169字 お気に入り:0人
世界が切り開かれ、光が差す。 闇の中から輝きが生まれる。 時が時として動き出し、天と地が据えられていく。 その様を、私――クラウス・V・ラインヘルツは見据えて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:血界戦線 お題:僕が愛した小雨 制限時間:15分 読者:389 人 文字数:399字 お気に入り:0人
こんな俺にだって、雨に濡れたい時がある。本当にたまに、だが。「なんか、今日のザップさんおかしくないですか?」あ、おかしいっていうのはいつもと違うって意味であかし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:世界の墓場から ジャンル:血界戦線 お題:小説家たちのサッカー 制限時間:30分 読者:408 人 文字数:2386字 お気に入り:0人
僕が文筆家を目指したのはなんてことはない、僕にとって多くのものをことばにするという行為が息をするのと同じだったからだ。こういうと難しいけれど、つまり僕は日記を書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こけら。 ジャンル:血界戦線 お題:間違ったブランド品 制限時間:15分 読者:524 人 文字数:437字 お気に入り:0人
「なあ。それ、なんなんだ?」スティーブンが指差した先。積まれた本の上には、硝子の小瓶が鎮座していた。中身には粒状の白い何かが詰まっている。「頂き物だ。なんでも、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あずき//ありがとうございました! ジャンル:血界戦線 お題:何かの命日 制限時間:15分 読者:466 人 文字数:1341字 お気に入り:0人
「ザップ・レンフロはどこにもいない」 てのひらにどろりと流れる赤黒い感触も、踏みつぶした躯の感覚も、スティーブンは決して忘れようとしなかった。目を背けようとしな 〈続きを読む〉