ユーザーアイコン
作者:りんすずり ジャンル:さかな先生 お題:刹那の経歴 必須要素: 制限時間:15分 読者:462 人 文字数:1122字 お気に入り:0人
「ねぇ、さかな先生って知ってる?」 数拍の空白の後、履歴書を眺めていた彼は徐ろに顔を上げると視線を僕に据え、こう答えた。 それはどういう意味か緊張に締め付けられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:平山ひろてる110kg ジャンル:さかな先生 お題:僕の好きな内側 制限時間:15分 読者:458 人 文字数:937字 お気に入り:0人
「さかな先生って、知ってる?」 それは、おまじない。「ううん、知らない」 これも、おまじない。 けれど、もしも。「さかな先生って、知ってる?」 そう尋ねられたと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:3g ジャンル:さかな先生 お題:もしかして湖 必須要素:即興小説のステマ 制限時間:15分 読者:521 人 文字数:242字 お気に入り:0人
「ねえさかな先生って知ってる?」「もしかして湖?」「違うよ」「もしかして「より良い作品を創れるようになるのに最も効果的な方法は、一度生み出したものを大事にするこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:さかな先生 お題:裏切りの境界 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:847 人 文字数:906字 お気に入り:0人
「さかな先生って何」 私はある日、ソーシャルネットワーキングサービスの一つ、『ツイッター』でツイートをした。 それが何かはわからないが、インターネットで流行して 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ユーリン ジャンル:さかな先生 お題:かっこいいロボット 必須要素: 制限時間:15分 読者:614 人 文字数:778字 お気に入り:0人
いつものように出社のために駅へと向かう。そして、いつものように電車へと乗り込む。――何も変わらない日々。そんな日々に僕は刺激が欲しかった。ほんの些細な変化でいい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダイナマイト・ダツ・D・W・アンデッド ジャンル:さかな先生 お題:意外な雑踏 必須要素:即興小説のステマ 制限時間:15分 読者:586 人 文字数:662字 お気に入り:0人
「ねえ、さかな先生って知ってる?」 肌寒くなってきた頃の話です。 学校から帰ってきてすぐパソコンを立ち上げ、日課であるSSサイト巡りをしていました。 私は普通に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:3g ジャンル:さかな先生 お題:誰かと夕飯 制限時間:15分 読者:552 人 文字数:598字 お気に入り:0人
「ねぇ、さかな先生って知ってる?」「知らねえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:さかな先生 お題:あきれた体 必須要素:九州 制限時間:1時間 読者:614 人 文字数:2426字 お気に入り:1人
「ねぇ、さかな先生って知ってる?」「知ってる知ってる。怪談でしょ? 0時に外を出歩いてたら耳元に『ぬ』って囁いてくる妖怪だって」「え? 私は『ミグジィの有名ユー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:さかな先生 お題:あきれた体 必須要素:九州 制限時間:1時間 読者:734 人 文字数:1831字 お気に入り:0人
「さかな先生ッて……知っとるか?」なんてことのない雑談のように、屋敷俊が問いかける。いや――答えを聞く気がないのだから、これは問いとは言わないのだろう。「Twi 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダイナマイト・ダツ・D・W・アンデッド ジャンル:さかな先生 お題:愛すべきコンサルタント 必須要素:マクガフィン 制限時間:15分 読者:476 人 文字数:488字 お気に入り:0人
「ねえさかな先生って知ってる?」 もう何回この言葉を言ったのか、何度知らないと言われたのか。 既に若者は覚えてはいなかった。 ちっちゃい頃親は言っていた、お野菜 〈続きを読む〉