ユーザーアイコン
作者:輿水畏子 ジャンル:魔法少女育成計画 お題:昔の夜中 制限時間:1時間 読者:91 人 文字数:1968字 お気に入り:0人
魔法の国は、各地に研究施設を有している。実際の建造物として世の中に堂々と存在してはいるが、外から見れば一般企業の施設となんら違いはなく、実際正面から入っても通 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:輿水畏子 ジャンル:魔法少女育成計画 お題:未来の星 制限時間:1時間 読者:153 人 文字数:3050字 お気に入り:0人
夏の暑さへの目新しさもすっかり消え、ただただまとわりつく熱気への不快感だけを覚えるようになり始めた8月の夕暮れの中で、魔法少女スタイラー美々は仕事場としている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:バタラン ジャンル:魔法少女育成計画 お題:俺の夜風 必須要素:ボーイズラブ 制限時間:1時間 読者:166 人 文字数:2840字 お気に入り:0人
「――でさあ、エイミーの奴が土壇場で組手をバックレたからもう魔王がブチ切れるのなんの」「あれが約束をご丁寧に守ってくれると信じるほうが馬鹿でしょうに」 廃墟と化 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:輿水畏子 ジャンル:魔法少女育成計画 お題:平和と英霊 必須要素:パン 制限時間:1時間 読者:271 人 文字数:3159字 お気に入り:0人
冷たく刺すようだった冬の空気を忘れるくらい、電車の中は過剰なほどに暖かかった。それほど人で溢れているわけでもない今の時間帯、普通の乗客ならば少し暑いくらいの感 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:バタラン ジャンル:魔法少女育成計画 お題:平和と英霊 必須要素:パン 制限時間:1時間 読者:317 人 文字数:3017字 お気に入り:0人
袋井魔梨華と行動を共にする時、気を付けることは二つ。袋井魔梨華が呼びよせる外敵からの攻撃と、袋井魔梨華本人からの攻撃だ。魔梨華は所かまわず犬がじゃれつくように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:魔法少女育成計画 お題:コーヒーと火 必須要素:街灯 制限時間:1時間 読者:366 人 文字数:2478字 お気に入り:0人
袋井魔梨華は、魔法少女の中でも名の知れた厄介者である。 魔法少女の中でも己の強さを追求する武闘派が集う魔王塾、その中でもトップクラスの腕と傍若無人さを兼ね揃え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:バタラン ジャンル:魔法少女育成計画 お題:コーヒーと火 必須要素:街灯 制限時間:1時間 読者:304 人 文字数:3284字 お気に入り:1人
魔法少女とは、人間ならば耐えられないような過酷な環境でも耐え抜ける強化生物だ。可愛らしいフリル、彩り豊かなタフタの奥で躍動するやわらかな肉体は銃弾程度なら傷つく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:魔法少女育成計画 お題:刹那の青春 制限時間:1時間 読者:197 人 文字数:1602字 お気に入り:0人
「そっち終わった?」「もうちょっとかな」 大きな布製の旗にマジックを走らせるのは、三香織と酒己達子の二人だった。 小学校時代にはなかった行事だが、中学校では学校 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:魔法少女育成計画 お題:僕の嫌いなにおい 制限時間:4時間 読者:188 人 文字数:1513字 お気に入り:0人
嫌いな匂いがあった。 別に嫌な匂いだったというわけではない。 ただ、嫌いだった――嗅ぐ度にうんざりした気持ちにさせられてきた。「たっちゃんってさ、どこのシャン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:魔法少女育成計画 お題:私の夢 制限時間:4時間 読者:195 人 文字数:2764字 お気に入り:0人
「将来の夢かあ」 呟いたのは、三香織だった。 椅子に座って机に突っ伏す彼女の顎の下には、一枚のプリントが見える。 今は六時間目の真っ最中だが、別に何かを学んでい 〈続きを読む〉