ユーザーアイコン
キョオド未満 ※未完
作者:緋月@CC福岡49I15ab ジャンル:逆転裁判 お題:死にぞこないのガール 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:965字 お気に入り:0人
押し潰してくるような瓦礫の山に王泥喜はぼんやりと意識が遠退いていくのを感じた。(アオイ……) 親友の笑顔を思い出しながら意識を手放し、再会を一瞬だけ期待したが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:逆転裁判 お題:冬のピアノ 必須要素:岩塩 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:1263字 お気に入り:0人
冷たい指だと、彼は笑った。 どうしてこういうことになったのか、ひとつずつなら説明できるが、まとめて話すとなると難しい。とにかく、現在。私と彼は、閉店後の深夜、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:逆転裁判 お題:死にぞこないの男 制限時間:15分 読者:198 人 文字数:879字 お気に入り:0人
諸平野貴雅は死にかけていた。彼の心は、浪人生活を続けていくうちにどんどん蝕まれていった。自分より先に大学に合格してキャンパスライフを始める後輩たちに「あれ?諸平 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
棲み処 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:逆転裁判 お題:謎のアパート 制限時間:15分 読者:293 人 文字数:276字 お気に入り:0人
事務所から車で20分のところにある年の特徴もないアパート。年数はさほどではない様だが、いかんせん5階立てなのにエレベーターがない。上るのに大変だろうなんて。…ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キリタニ ジャンル:逆転裁判 お題:運命の円周率 制限時間:30分 読者:429 人 文字数:1378字 お気に入り:0人
規律あってこその世界だ。それは法であったり、己を律するルールも該当する。そひてそれを、御剣はたくさんの書物から学んできた。 紅茶の入った丸い缶を開けて、かぐわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:逆転裁判 お題:複雑な秋雨 制限時間:1時間 読者:376 人 文字数:1780字 お気に入り:0人
複雑な秋雨秋だ。あれほど照っていた太陽が沈み込み、風が日に日に寒くなっていく。外を出れば、雲で覆われた白い空とオレンジ色の木々が生え揃い、道を彩る。正直、秋は好 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぴょんぽん ジャンル:逆転裁判 お題:信用のない外側 制限時間:15分 読者:669 人 文字数:556字 お気に入り:0人
この人が自分から擦り寄ってくるのは、必ず自己中心的な理由があるときだった。別にそれを嫌だと思ったことはないし、迷惑だと思ったこともない。むしろ優秀な検事殿が自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とまり ジャンル:逆転裁判 お題:宗教上の理由で借金 制限時間:30分 読者:575 人 文字数:611字 お気に入り:0人
嫌な時間ってものはいくつかパターンがあるけれど、今が間違いなく最高に『嫌な時間』だ。「お金が足りなくなりました」「なりました」ぼくの言葉の後を繰り返すみぬきにち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とまり ジャンル:逆転裁判 お題:急な消費者金融 制限時間:15分 読者:560 人 文字数:449字 お気に入り:0人
幼なじみ3人で飲みに行く予定の日、いつもの飲み屋に着く前に成歩堂が足を止めた。「ちょっとソコ寄っていってもいいかな」指さされた先を確認した御剣が歩き出していた成 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とまり ジャンル:逆転裁判 お題:女同士の豪雪 制限時間:15分 読者:494 人 文字数:447字 お気に入り:0人
真宵と春美の生まれた村は山奥にある。故えに、冬の寒さが厳しい代わりに夏は涼しく過ごしやすい。 都会の暑さから逃れて里にこもって早半月。真宵は日の当たる縁側でた 〈続きを読む〉