ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:仮面ライダー電王 お題:振り向けばそこに接吻 制限時間:15分 読者:209 人 文字数:679字 お気に入り:0人
「良太郎」 デンライナーの中を意味もなくふらふらと歩いていると後ろからウラタロスの声が聞こえた。何の用かなと思い後ろを振り返ると何故か僕に憑依した状態のウラタロ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:仮面ライダー電王 お題:最強の嘘 制限時間:15分 読者:216 人 文字数:572字 お気に入り:0人
「良太郎、僕に嘘をついてみてよ」そんなことを言ったのは気の迷い。素直で優しい良太郎を困らせたかった。良「え、え?どういうこと?」予想どうりあたふたと慌てる良太郎 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:仮面ライダー電王 お題:天国の液体 制限時間:30分 読者:723 人 文字数:640字 お気に入り:0人
BLっぽい デネブ侑斗 俺が消えたらお前は泣いてくれるか?急な質問に驚き、俺は彼の顔を覗き込んだ。砂の上に座り込んだ彼の、侑斗の視線は未だ夜空へ向かっている。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
浦→桃良 ※未完
作者:一雨 ジャンル:仮面ライダー電王 お題:楽観的な小説 制限時間:30分 読者:1358 人 文字数:364字 お気に入り:0人
まったく、嫌なものを見た。心底後悔したというように、ウラタロスは小さく首を振って溜息をついた。仲間総出で出向いた厄介な戦いに何とか『勝利』という形で決着をつけ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:仮面ライダー電王 お題:進撃の戦争 制限時間:15分 読者:725 人 文字数:366字 お気に入り:0人
デンライナーの新車両が盛岡駅に到着するその朝は、カメラのストロボに包まれ、鉄道ファンがホームを占拠していた。はずだった。実際にその日、カメラのストロボを浴びせた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よさの ジャンル:仮面ライダー電王 お題:1000のガールズ 制限時間:4時間 読者:1004 人 文字数:1730字 お気に入り:0人
平和なデンライナーの車内、ナオミに出されたカラフルなコーヒーを飲んで寛ぐウラタロスに、音楽を聞きながらお絵かきをしていたリュウタロスがふと顔をあげヘッドホンを外 〈続きを読む〉