ユーザーアイコン
作者:ゆぅこ@即興小説用 ジャンル:Free! 【遙凛】 お題:漆黒の闇に包まれし宗教 必須要素:九州 制限時間:4時間 読者:538 人 文字数:2755字 お気に入り:0人
「こちらは、食前酒になります」時田さんが優雅な仕草で、グラスを二人の前に置く。透き通るような橙色が日に反射してキラキラ光っている。爽やかな果物の香りが鼻孔をくす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆぅこ@即興小説用 ジャンル:Free! 【遙凛】 お題:メジャーな動揺 必須要素:全力のグロテスク 制限時間:4時間 読者:517 人 文字数:4319字 お気に入り:0人
パロ続き物です。そのレストランは、都会の喧騒から外れた閑静な住宅街にあった。そこは、どこぞの会社の社長や役員など、所謂セレブが住んでいる高級住宅街で、何百坪もあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆぅこ@即興小説用 ジャンル:Free! 【遙凛】 お題:調和した春 必須要素:とんかつ 制限時間:4時間 読者:542 人 文字数:5145字 お気に入り:0人
パロ続き物です。「おー、七瀬君」翌日、遙が出社すると、御子柴に声をかけられた。「御子柴さん。おはようございます」「おはよう。いやぁ、七瀬君、昨日は悪かったな。無 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆぅこ@即興小説用 ジャンル:Free! 【遙凛】 お題:漆黒の闇に包まれし光 必須要素:正月 制限時間:4時間 読者:676 人 文字数:2690字 お気に入り:0人
パロ続き物です。コーヒーの温かさも手伝い、会社にいる時よりも幾分か、凛と打ち解けた会話ができるようになった。「まさか、いきなり一気飲みをさせられるとは思わなかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆぅこ@即興小説用 ジャンル:Free! 【遙凛】 お題:右の犬 必須要素:豊胸手術 制限時間:4時間 読者:562 人 文字数:6911字 お気に入り:0人
パロ 続き物です。「まぁまぁ、この位にしろ、二人とも」遙と凛が、握手し(というより、お互いの手を強く握り)ながら、睨み合っていたその時、緊迫していた室内に明るい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆぅこ@即興小説用 ジャンル:Free! 【遙凛】 お題:昼の微笑み 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:4時間 読者:599 人 文字数:5773字 お気に入り:0人
パロ 続き物です。「七瀬君、申し訳ないんだけど、事務所、畳むことにしたんだ…」ある朝、いつも通り出勤した遙の前で、老獪の所長から力なく倒産を知らされた。七瀬遙は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆぅこ@即興小説用 ジャンル:Free! 【遙凛】 お題:興奮した弔い 必須要素:ゴマ 制限時間:15分 読者:488 人 文字数:3330字 お気に入り:0人
今日は、いつもよりもずっと空気が冷えていた。息を吐き出す度に、呼吸が白く染まっては消えていく。走れば走るほど、刺すような寒さが凛の全身を襲う。だが、冷え込む空気 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆぅこ@即興小説用 ジャンル:Free! 【遙凛】 お題:永遠の人体 必須要素:信仰 制限時間:1時間 読者:583 人 文字数:2742字 お気に入り:0人
アラブパロモブ凛描写あります。永遠の人体を信仰する国があった、とその行商人は言った。数年前に滅んだ砂漠の真ん中に位置していたその小国のことである。昔から、特殊な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆぅこ@即興小説用 ジャンル:Free! 【遙凛】 お題:いわゆる屍 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:1時間 読者:557 人 文字数:2818字 お気に入り:0人
遙は水が好きだった。いつからかはわからない。気が付いたときには、水の中に居る瞬間が一番落ち着いていたし、そこが自分の居場所のようにも感じていた。夏休みに一日中風 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆぅこ@即興小説用 ジャンル:Free! 【遙凛】 お題:暑いお茶 必須要素:書類 制限時間:1時間 読者:587 人 文字数:2891字 お気に入り:0人
EDパロ警察官の仕事に終わりはない。凛は、大量に積まれた書類を目の前にして溜息をついた。怒涛の一日だった。朝からひったくり犯を追いかけ、その後は万引きで補導され 〈続きを読む〉