ユーザーアイコン
作者:おしん ジャンル:三國無双 お題:悔しい接吻 制限時間:1時間 読者:246 人 文字数:1295字 お気に入り:0人
想いを告げるつもりはなかった。 仮に言ったとしても、怪訝そうな顔をして、いつものように毒を吐くだろう、と。 だが、現実は違った。「……おめぇ……」 驚きに目を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おしん ジャンル:三國無双 お題:今日の朝日 制限時間:1時間 読者:271 人 文字数:1250字 お気に入り:0人
魏延の朝は、早い。 朝日が昇る前に目を覚まし、得物とする槍を片手に素振りを始める。 そして、朝日が顔を出す瞬間は、手を動かすことを止め、しっかり顔を出すその瞬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おしん ジャンル:三國無双 お題:不本意な尿 制限時間:1時間 読者:217 人 文字数:1336字 お気に入り:0人
緊張感が何処かへ行った瞬間。それを目撃した趙雲。 趙雲は、本陣を守る為に警戒していた。 前線からの情報を聞く度に、状況は変わっていく。予め、軍師たちが立てた作戦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おしん ジャンル:三國無双 お題:孤独な血痕 制限時間:30分 読者:287 人 文字数:703字 お気に入り:0人
夜空は、赤色に染まっていた。 繋いだ船は、大きな火の塊となって、渦巻いてく。 自分の最後は、ここなのだろう。 数部隊を引き連れ、ひとつの船内で、待機する徐庶は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おしん ジャンル:三國無双 お題:マンネリなラーメン 制限時間:30分 読者:271 人 文字数:1353字 お気に入り:0人
仕事帰り、『折角、日本に来たのだから、ラーメンとやらが食べたいな』と呟いた、上司・劉備の発言により、付き添いで来ていた趙雲らのふたりは、草臥れた暖簾が掛かるラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おしん ジャンル:三國無双 お題:彼女の傘 必須要素:ヨーヨー 制限時間:1時間 読者:204 人 文字数:1792字 お気に入り:0人
家は近所でありながら、仕事の帰りとして、乗りつけた場所は、義兄と慕う関羽の家であった。 美味しい酒が手に入った喜びと、仕事が一段落ついた事から自分への褒美、と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おしん ジャンル:三國無双 お題:神の木 制限時間:1時間 読者:173 人 文字数:1509字 お気に入り:0人
私には、誰にも言えない秘め事があります。 諸葛亮は、静かに口を開いた。 秘め事、と聴いて、戸惑いを覚えた趙雲は、視線を問いとして、返す。 しかし、返した問いは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キング@無双垢 ジャンル:三國無双 お題:怪しいライオン 制限時間:4時間 読者:294 人 文字数:5724字 お気に入り:0人
ひとまず、状況を整理しよう。と、前置きをしつつも、どうも調子が出ず、賈詡は頭をぼりぼりと掻いた。彼女を目の前にするとどうも計算機が狂う。とりあえず、いま自分がわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:妄想吐き出しbot ジャンル:三國無双 お題:おいでよ、と彼は言った 制限時間:30分 読者:226 人 文字数:1084字 お気に入り:0人
どうか、怖がらないで。 目の前の彼らしくない言葉に、驚きを感じる。何時もは口煩く構え、と喚く唇は戦慄き、青白いようにすら見える。一体、どうしたのかなど、聞かな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ronicaストラップ(¥10) ジャンル:三國無双 お題:清い英霊 制限時間:15分 読者:423 人 文字数:443字 お気に入り:0人
今朝の夢は正夢か?夢に出てきたあの人が今目の前にいる。最後まで支えることが出来なかったことを、あの人は許してくれるだろうか。俺の顔を見たあの人が驚いた顔で歩いて 〈続きを読む〉