ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ST赤と白の捜査ファイル お題:苦しみの小説トレーニング 制限時間:1時間 読者:2727 人 文字数:1429字 お気に入り:0人
「赤城さん好きです!、大好きです!」朝、扉を開けたら目の前に立っていた一応、自分の恋人はおかしいことを言ってきた。なんだか頭が痛くなってきた赤城は、扉を閉めよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ST赤と白の捜査ファイル お題:鳥の唇 制限時間:30分 読者:1099 人 文字数:784字 お気に入り:0人
「僕ね、時々思うんです」同じソファーに座りながら、お互い別々のことをしていたときのことだ。百合根は、ポツリとメモの整理をする手を止め言った。赤城はそれに、同じく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ST赤と白の捜査ファイル お題:楽しいぷにぷに 制限時間:1時間 読者:1340 人 文字数:1608字 お気に入り:0人
「キャップ」赤城が、こう名前を呼ぶ度百合根は律儀にはいはい、と返事をして読者に忙しい彼の口に一口サイズのお菓子を放り込んだ。お菓子の正体は、カップケーキだ。机の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ST赤と白の捜査ファイル お題:強い境界 制限時間:30分 読者:1188 人 文字数:771字 お気に入り:0人
第3者視点の百合赤彼らの周りには強い境界線が見える。俺は直感的にそう思った。警察官なんだろうか?つい昨日、事件があったと噂されている家の前で5、6人の人々が集ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
俺と弁当 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ST赤と白の捜査ファイル お題:過去の小説トレーニング 制限時間:15分 読者:726 人 文字数:487字 お気に入り:0人
僕と弁当 赤城ver.キャップから弁当を貰った。あの天ぱは、ゆとりのくせに料理が出来るらしい。悔しいことに美味しかった。俺の好きなおかずも入っていた。キャップが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ST赤と白の捜査ファイル お題:僕と弁当 制限時間:30分 読者:3718 人 文字数:917字 お気に入り:0人
「赤城さん、おはようございます!」ドンドンドン、と朝早くからマンションのドアを叩く百合根。この部屋に住む、自称一匹狼で引きこもりだった赤城を呼んでいるのだ。「う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ST赤と白の捜査ファイル お題:アブノーマルな光 制限時間:30分 読者:1614 人 文字数:651字 お気に入り:0人
「赤城さんって変わってますよね」百合根友久はよくこの言葉を口にする。その度に赤城左門は、「俺の何処が変わってるんだ」と答える。赤城自身、自分が人と比べ変わってる 〈続きを読む〉