ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:聖闘士星矢 お題:有名な冒険 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:168字 お気に入り:0人
「ギリシャ神話ってさ、結構冒険物語多いよな」「そうだね。アルゴナウタイ、ヘラクレスの十二の功業とか」 「で、正直俺たちだって相当なもんだよな。アスガルドで神闘士 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:聖闘士星矢 お題:今年の関係 制限時間:15分 読者:115 人 文字数:267字 お気に入り:0人
「ホント、人生ってヤツは何があるのかわかんねえな」 広い湯船にゆったりと体をのばしていたデスマスクはしみじみとつぶやいた。「いきなりどうしたんだ? お前らしくな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
A story not told ※未完
作者:シンリ ジャンル:聖闘士星矢 お題:出来損ないの伝承 制限時間:15分 読者:157 人 文字数:142字 お気に入り:0人
聖域からは星がよく見える。 地上と比べて標高が高く、人口の光も少ないからだと誰かが言っていた。 だが盟にはそれだけとは思えなかった。 巨蟹宮の入り口の石段に腰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Smart eagle ※未完
作者:シンリ ジャンル:聖闘士星矢 お題:狡猾なヒロイン 制限時間:15分 読者:163 人 文字数:272字 お気に入り:0人
「さて……どうしてやろうか?」 絶対零度よりも冷たく思えるような魔鈴の声に、星矢たち五人は身震いした。 仮面を付けているためその表情をうかがい知ることはできない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:聖闘士星矢 お題:小説家たちの汗 制限時間:15分 読者:113 人 文字数:200字 お気に入り:0人
「事実は小説よりも奇なり、とはよく言ったものだな」 開いた本のページから視線を外すことなく、ミロはぽつりと呟いた。 友人の思いがけない一言に、本棚の整理をして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:戒縄 ジャンル:聖闘士星矢 お題:免れたライオン 制限時間:30分 読者:456 人 文字数:1364字 お気に入り:0人
鼻孔をくすぐった美味しそうな匂いがアイオリアの意識を引き戻した。目を覚ませば、星の瞬く夜空。体のあちこちが熱くて痛んだ。顔も知らぬ雑兵たちからリンチに遭ったの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:戒縄 ジャンル:聖闘士星矢 お題:光の大地 制限時間:15分 読者:366 人 文字数:698字 お気に入り:0人
俺の屍の後片付けをする役目は、教皇様が女神に討たれた後も変わらずで、死体を運んだり、石畳を汚す血をブラシで擦ったり、えっちらおっちらと運んできた桶の温かい湯で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:戒縄 ジャンル:聖闘士星矢 お題:孤独な女 制限時間:15分 読者:425 人 文字数:794字 お気に入り:0人
付き合い出すと、沙織はデスマスクにベッタリになった。お互いに多忙なのでプライベートの時間は限られているわけだが、沙織は少しでも時間が空くと、そばにいてくれとデ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:戒縄 ジャンル:聖闘士星矢 お題:僕とうどん 制限時間:15分 読者:358 人 文字数:812字 お気に入り:0人
深夜の台所には大抵誰かがいて、夜勤あるいは長い残業を乗り越えるための腹の足しになるものをこしらえている。上下の厳しい聖域だから、台所に立つことを許されるのは年 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:戒縄 ジャンル:聖闘士星矢 お題:楽しいギャグ 制限時間:15分 読者:345 人 文字数:708字 お気に入り:0人
つい手が滑って、と血まみれの教皇様は仰った。その周辺には一〇の死体が倒れ、石畳は臓物や血しぶきで汚れていた。どう見てもつい手が滑ってしまったから殺したという風 〈続きを読む〉