ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 紫原 お題:記録にない鳥 制限時間:15分 読者:447 人 文字数:670字 お気に入り:0人
知っているのは誰だろう。ほとんどの人は答えられないことの答えを探す場合、真っ先に思い浮かぶのが赤司だった。だが今回、彼は使えない。ミーちゃーん紫原はパートナーを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 紫原 お題:ぐちゃぐちゃの巨人 制限時間:15分 読者:441 人 文字数:926字 お気に入り:0人
ふわりと身体が浮いて、とかだったらまだ良かった。実際は、食器の下のテーブルクロスを一気に引っ張ったみたいに倒された。自分よりずっと小さい人間が、通り過ぎただけだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 紫原 お題:知らぬ間の税理士 制限時間:15分 読者:486 人 文字数:681字 お気に入り:0人
店を経営するに当たって参考になる例は身近に二人いた。一人は実渕であり、もう一人は黛。どちらも顔見知りであり、話をすることも気安い相手ではあったが、紫原はやはり赤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 紫原 お題:うわ・・・私の年収、兄 制限時間:15分 読者:510 人 文字数:722字 お気に入り:0人
は?何で兄貴が使ってんのそれ。だってもともと俺のだし、そこに置いてあったら使うだろ。いや、それ俺がもらったんだから使うなよ。けちけちすんなよ。いや、意味わかんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 紫原 お題:憧れの消費者金融 制限時間:30分 読者:672 人 文字数:851字 お気に入り:1人
1度目のフランス留学時、紫原は赤司に借金をした。「条件は、帰国後、5年以内に自分の店を持つこと。返済期間は10年。利息はそうだな、俺が食べたい時に菓子を作ってく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 紫原 お題:日本人間 制限時間:30分 読者:611 人 文字数:885字 お気に入り:0人
手書き、なの。紫原は目の前に積まれた封筒を見て眼を丸くした。自慢ではないが、字は、とてつもないほど下手だ。自分の字を読むのも嫌で、授業ではノートを取らなかった。 〈続きを読む〉