ユーザーアイコン
作者:受験生たみなみ ジャンル:カゲ○ウプロジェクト お題:天才のこだわり 制限時間:15分 読者:288 人 文字数:570字 お気に入り:0人
「キドは天才なの?」はあ?と言ったつもりだったが拍子抜けしすぎて声にもならなかったらしい。仕事から帰ってきたカノと、ご飯を作って待っていた自分。向かい合って座る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
羽化 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:カゲ○ウプロジェクト お題:私の恋愛 制限時間:30分 読者:213 人 文字数:844字 お気に入り:0人
人間が一生涯に心臓を跳ねさせる回数はおおよそ決まっているらしい。僕の場合は、産まれる前に何か動悸を無駄遣いするようなことがあったのかもしれない。若しくは前世で長 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:希薄存在→ホロウ✡プリキュア好き二次オタ ジャンル:カゲ○ウプロジェクト お題:苦い略奪 制限時間:30分 読者:300 人 文字数:751字 お気に入り:0人
僕はカノ。キドが大好きで堪らない。でも、僕にはライバルがいる。そう、セトだ。セトはキドのことをよく知らない。セトは、キドを「カッコつけているだけの可愛い娘」とし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:カゲ○ウプロジェクト お題:8月の昼食 必須要素:化粧水 制限時間:15分 読者:391 人 文字数:728字 お気に入り:0人
…似合わないんじゃないかなぁ、なんて思ってたんだけど。「ほら、弁当」目の前に差し出された弁当箱。透明な蓋から覗くハンバーグはきっと僕の好きなものを用意してくれた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:カゲ○ウプロジェクト お題:日本式の神様 必須要素:クリスマス爆破計画 制限時間:30分 読者:277 人 文字数:1251字 お気に入り:0人
***降り積もる雪。白く曇ったガラス。俺の史上最悪なクリスマスは、とあるアヤノの一言から始まった。「うー、寒いねー。街歩いてたらカップルが一緒にマフラー巻いてた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:カゲ○ウプロジェクト お題:夏の霧 制限時間:30分 読者:578 人 文字数:1023字 お気に入り:0人
__君は紫色が好きで、昨日浴衣を選ぶ時もまた紫色のものを選んだ。何故かと問われればきっといつか貰った義姉からの温もりを噛み締め続けているからだろう。でも、君は赤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:カゲ○ウプロジェクト お題:恐ろしい螺旋 制限時間:1時間 読者:467 人 文字数:981字 お気に入り:0人
「ねえキド」「セトも、ちょっといい?」「誓って嘘じゃないから、真面目に聞いて」「あのさ」「…この家を、出よう」そんな話をした2、3日後のこと。僕は『あいつ』に呼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:カゲ○ウプロジェクト お題:哀れな天使 制限時間:30分 読者:968 人 文字数:720字 お気に入り:0人
「ねえキド」好きだよ。言うと、恥ずかしそうに、でも嬉しそうに返ってくる「俺も」。そんなやり取りひとつひとつに、恋人である実感と幸福が伴って。それで充分、満ち足り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:カゲ○ウプロジェクト お題:子供の体験 制限時間:30分 読者:449 人 文字数:144字 お気に入り:0人
僕はモモを押し倒している!いやいやいや!何考えてるんだ僕!何で押し倒しているんだ!モモはこれだし…モモ「ヒビヤくん私を好きに…して」っていろいろおかしいだろ!わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:カゲ○ウプロジェクト お題:誰かと善意 制限時間:30分 読者:478 人 文字数:578字 お気に入り:0人
「ねえ、キド」「何だ気持ち悪い近寄るな」「ひどいなあ」さして傷ついた様子もなく笑うと、幼馴染は顔を覗き込んできた。「まあ、近づいてほしくない気持ちは分かるけどね 〈続きを読む〉