ユーザーアイコン
君の悪魔 ※未完
作者:裏人造人間 ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 承花 お題:君の悪魔 制限時間:15分 読者:367 人 文字数:178字 お気に入り:0人
君はまるで孤高の英雄のよう。気高く美しくどこまでも真っ直ぐな眼差しを持っている。しかし君の碧い眼の奥を覗きこむとき、その深淵に黒い黒い悪魔が見えるような気がして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:裏人造人間 ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 承花 お題:彼のぷにぷに 制限時間:15分 読者:568 人 文字数:379字 お気に入り:0人
空条承太郎博士の日課。朝起きたら身支度を整え、隣の部屋に向かう。布団の中で丸まっている、小さな少年を眺める。布団を少しだけずらして、安らかな寝顔を眺めること1分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夜明け迄 ※未完
作者:裏人造人間 ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 承花 お題:真実の汁 制限時間:15分 読者:356 人 文字数:301字 お気に入り:0人
花京院が承太郎の部屋を訪れたのは夜もだいぶ遅い刻限だった。「こんな時間にどうした。」突然の訪問にもかかわらず、承太郎は花京院の表情や雰囲気から彼が急用でここに来 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
真実の瞳 ※未完
作者:裏人造人間 ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 承花 お題:真実の瞳 制限時間:15分 読者:346 人 文字数:244字 お気に入り:0人
茫漠と広がる夜空にはあまたの星が輝き、風に吹かれて不可思議で生命的な曲線を描く砂丘が大地との境界を飾っていた。砂漠の夜空はとても澄んでいて星が眩いばかりに輝いて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
逃亡犯 ※未完
作者:裏人造人間 ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 承花 お題:俺は逃亡犯 制限時間:15分 読者:373 人 文字数:531字 お気に入り:0人
今朝も花京院の部屋に朝食を持っていく。片手で盆を持ち扉を開けると、案の定あいつはまだ布団の中で眠っていた。やれやれと溜息をついてサイドテーブルに食事を置くと、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:裏人造人間 ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 承花 お題:そ、それは・・・喜び 制限時間:15分 読者:425 人 文字数:331字 お気に入り:0人
「そ、それは・・・」喜びに満ちた表情で花京院が駆け寄ってきた。普段物静かなこいつがこんなに子供っぽい反応をするのは珍しい。だから『それ』をもった右手を高らかに上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
乖離 ※未完
作者:裏人造人間 ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 承花 お題:おいでよ僕 制限時間:15分 読者:376 人 文字数:375字 お気に入り:0人
鏡に映るぼくはどうしてこんなに苦しそうなのか、全く想像がつかない。だってぼくは今、こんなにも安らかなのだから。しっとりとすべてを包む闇の中。気怠く甘い芳香の漂う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
帰路 ※未完
作者:裏人造人間 ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 承花 お題:見知らぬ衝撃 制限時間:15分 読者:350 人 文字数:379字 お気に入り:0人
「落としましたよ」そう言って年季の入ったベージュ色の帽子を拾い上げると、ぼくは老人に向かって差し出した。「おお!すまんのう君、助かったわい!」帽子を受け取りかぶ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:裏人造人間 ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 承花 お題:小説の中の眠り 制限時間:15分 読者:445 人 文字数:369字 お気に入り:0人
小説の中の主人公にでもなったつもりで。熱い心とどこまでも真っ直ぐな正義感を持って。そうして生きていられたら、どんなに安らかに眠れるだろうか。花京院典明の眠りは浅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:裏人造人間 ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 承花 お題:弱い話 制限時間:15分 読者:450 人 文字数:265字 お気に入り:0人
「承太郎、さよならだよ」そう言って花京院が去ってから何年の月日が流れただろう。承太郎は花京院を待った。何年でも待ち続けたかった。だが彼は家族思いの男だった。何よ 〈続きを読む〉