ユーザーアイコン
補色 ※未完
作者:石灯籠小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:昨日食べた世界 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:457字 お気に入り:0人
※別名義でやったオリジナルのほうのお題「腐ったバラン」から緑が、茶色になった。茶色になっていた。鮮やかな緑は失われた。この日ノ本において、時間遡行軍との戦いが始 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:名前も知らないあの人 必須要素:アクション 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:420字 お気に入り:0人
「はいカーット!!お疲れさんでしたぁー!!」監督の小気味良い怒鳴り声が、スタジオに響き渡る。ぶっちゃけうるさいが、怒りっぽい――というより気が短い、だろうか?ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和久のリクボは固定参照 ジャンル:刀剣乱舞 お題:あいつの悪人 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:2135字 お気に入り:0人
良心からくる躊躇いは、罪悪感の中に最後には消えてしまった。何もしないでいることはできなかった。それこそが罪のように、俺には思えてしまったから。「──敵が、多すぎ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和久のリクボは固定参照 ジャンル:刀剣乱舞 お題:あいつの狼 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:2654字 お気に入り:0人
「これは、一体どういうことだい?」その声音は静かな怒りをたたえている。紫の長い前髪の中から覗く、翠色の瞳もまた同様であった。それらの持ち主、歌仙兼定が現在の主で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:男同士の狐 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:657字 お気に入り:0人
初見の印象は個性派揃いの刀剣男士の中でもピカイチだった。「やぁやぁ我こそは鎌倉時代の打刀」そう高らかに唄いあげるのは刀を持った人の形の青年じゃない、肩に乗った小 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和久のリクボは固定参照 ジャンル:刀剣乱舞 お題:右の巨人 制限時間:1時間 読者:42 人 文字数:1992字 お気に入り:1人
恐怖の部屋から退散した六振りは、主が普段仕事に使っている六畳程度の和室に来ていた。もっと広い部屋はあるにはあるのだが、主いわく、この大きさが一番落ち着く広さとい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和久のリクボは固定参照 ジャンル:刀剣乱舞 お題:傷だらけの水たまり 制限時間:2時間 読者:39 人 文字数:3787字 お気に入り:0人
長谷部の口から出たのは、恐ろしい一言だった。「それは、主の部屋にあるんだ」その言葉にその場にいた一同は戦慄した。あるじの、へや。あるじの……。「そのことについて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和久のリクボは固定参照 ジャンル:刀剣乱舞 お題:とんでもない儀式 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:2282字 お気に入り:0人
刀剣男士たちにとって、主である審神者の命令は絶対だ。長谷部の口癖ではないが、主命とあれば何がなんでもそれを遂行しなければならない。しかし、この、命令は。「儀式を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和久のリクボは固定参照 ジャンル:刀剣乱舞 お題:冷たい交わり 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:1827字 お気に入り:0人
お前のその視線が気に食わなかった。勝手に所有物の様に扱ってくれた、その手も。それでも俺は耐えていた。それが俺の贖罪だと、そう思っていたから。「どこか痛いところは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
凶悪の華 ※未完
作者:和久のリクボは固定参照 ジャンル:刀剣乱舞 お題:綺麗な会話 制限時間:2時間 読者:32 人 文字数:3200字 お気に入り:1人
「主の生まれ育った時代を見に行こう」この言葉を誰が言い出したのか、今となってはもうどうでもいいことだ。どうしてこの面子になったのかさえ。なぜなら……「こんなとこ 〈続きを読む〉