ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:もしかして神話 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:519字 お気に入り:0人
彼を一目見て、すぐに分かった。遠い昔、同じところにあった気配だと。こんな風に人の形をとり顔を合わせるなど初めてで、姿どころか声も仕草も想像さえしたことはなかった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:うるさい仕事 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:268字 お気に入り:0人
外に連れていけと騒ぐ子供に手を引かれ、やってきたのは近所の神社だった。季節はちょうど秋祭り。二つ三つ屋台が並び、おっちゃんおばちゃんが木陰にシートを広げて酒を飲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:難しい太陽 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:357字 お気に入り:0人
びゅっと音を立てて刃を振り下ろすのは、人を切っていた時の名残だろうか。人ならざるものを切りつけても、血も肉も刃を濁らせはしない。分かっていても治らないのが癖とい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:純白の新卒 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:825字 お気に入り:0人
ネクタイを締めれば、それだけでピシッと身が引き締まる思いがした。 今日が初出勤だ。ようやく追いついた。遠かった背中に。 高校を卒業し、すぐにでも働くと言えば、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:イギリス式のぐりぐり 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:396字 お気に入り:0人
「痛みはどうだい?」 大広間での夕飯を済ませて、同田貫はすぐに自室にこもっていた。 出撃で負傷して、手当部屋に入るほどでもない傷を負ったため、今日の飲酒を禁止さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:今度の食事 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1341字 お気に入り:0人
「どうしたものか……」私は、おたまを片手にコンロの前でわかりやすく困ったように腕を組んだ。本日審神者を始め、この本丸でめでたく初期刀を賜ったのは良いものの、肝心 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お高い買い物 ※未完
作者:さとや@らくがき強化中 ジャンル:刀剣乱舞 お題:早いブランド品 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:275字 お気に入り:0人
それは万屋で買い出しを終えた後の帰り道での話だった。とある店先で歌仙の足が止まった。彼の視線の先に目をやり、納得した。いつもの悪い癖だ。「きれいなお茶碗だねえ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:ぐふふ、コメディ 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:477字 お気に入り:0人
可哀想になと、少し同情気味に同田貫は視線をそらした。まあ、相手が悪かったと思ってもらうしかない。同田貫の後ろに並ぶ面々を見れば早々怒り出すこともなかろう。同田貫 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:煙草と借金 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:567字 お気に入り:0人
それを見た時には、心底驚いた。遠くを見つめながら、指に手挟まれてた白く細い筒。そいつの時代には見たこともないだろうに、どこで手に入れたんだろう。しばし呆然と見つ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:騙されたにわか雨 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:529字 お気に入り:0人
咄嗟に飛び込んだのは、古びた茶屋のひさしの下だった。自分一人なら濡れていくのもいいが、そういった雑な振る舞いを、連れ合いは非常に嫌うだろうと考えたからだ。案の定 〈続きを読む〉