ユーザーアイコン
※未完
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:そ、それは・・・外資系企業 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:1006字 お気に入り:0人
明日も知れぬ冒険者の一人として、カグツにも覚悟はそれなりにあったはずだった。 当たり前だと思っていたものが、一瞬でなくなる恐怖。確かなものなど、何一つとしてあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:ぐふふ、正義 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:992字 お気に入り:0人
ひどい匂いのする腐った水をモロに浴びた仲間たち、そして私は、駆け出しの安っぽい生地でできた装備をばらばらと地面に一個ずつ置いていく。その姿が、なぜだか愉快で仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
敬天愛人 ※未完
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:きちんとした愛人 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:1031字 お気に入り:0人
彼女はいつだって礼儀正しくて、私とも仲良くしてくれた。家に来る時は手ぶらじゃなくて、みんなで食べようねってお菓子とか色々持ってきてくれたし、今までの女の人と違 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:汚い人々 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:869字 お気に入り:0人
非道い人間というものはどこにでも存在するもので、私を両親の元から連れ出した男は特別非道い人間だった。 なにしろ、文字の読めない両親に支離滅裂な文章もどきを書い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:美しいブランド品 制限時間:30分 読者:90 人 文字数:1288字 お気に入り:0人
「これを。あとこれと、それにこれをもう一つ。あー、あと」「棚の端から端までお買い上げということで宜しいですか?」 ああともうんともつかない唸りを上げ、主がこめか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:楽しい母性 制限時間:30分 読者:90 人 文字数:1698字 お気に入り:0人
「美味しい?」 尋ねると、一心不乱にクッキーを咀嚼しながら少年がぷるぷると頭を上下に振る。膨らんだ頬は餌を溜め込んだリスによく似ていた。「そう」 美味くても不味 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:許されざる団欒 制限時間:30分 読者:78 人 文字数:1502字 お気に入り:0人
「えっと」 握り締めたコーヒーカップを持ち上げたくても腕が動かない。指先から冷たくなって、中に注がれた茶色液体が何なのかも分からなくなる。喉の奥が胃液の味でいっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:誰かと恋人 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:1554字 お気に入り:0人
とにかく暇な日だった。世界の終わりが来るからみんな家に引きこもり愛する者と過ごしているために、こんな場末の食堂に足を運ばないんだと思いたくなるほど、暇だった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:昼間の冬 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:705字 お気に入り:0人
「寒い」 主が呟くと、尖らせた唇から真っ白な吐息が漏れた。零した八つ当たりは音もなく凍りつき、ふわりと空中に消えていく。 両腕の袖口に手首を突っ込み何とか暖を取 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:今年の善人 制限時間:1時間 読者:79 人 文字数:2118字 お気に入り:0人
奴隷という身の上に生まれてから、善人に分類される人間に出会ったことなどなかった。 善人、善良で心穏やかで誰に対しても優しく接する聖人。果たしてそんな生き物がこ 〈続きを読む〉