ユーザーアイコン
作者:daruma ジャンル:獄都事変 お題:突然の強奪 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1455字 お気に入り:0人
朝からバタバタと忙しない足音が右に左にと駆け回る。「田噛-。途中まで一緒にいこー!」「アホか、方向真逆だ」「佐疫、本庁に行くなら、これもお願いして良い?」「良い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:daruma ジャンル:獄都事変 お題:真紅の怒りをまといしあそこ 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1090字 お気に入り:0人
「君に相応しいのは僕だと思うんだ」至極真面目な顔で言い放った男に、斬島はしばらく沈黙した後。己が表に出せる感情と表情筋の全てを使って不愉快、というオーラを放つ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:daruma ジャンル:獄都事変 お題:同性愛の道 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1226字 お気に入り:0人
「元々、異性愛のみしか許さん、という風潮そのものが、後から生まれたモンだからな」「そうなのか?」「古代うんたらまでいきゃぁ、異国でだって同性なんざ溢れかえってる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:daruma ジャンル:獄都事変 お題:愛と憎しみのカップル 必須要素:スラム街 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:1276字 お気に入り:0人
「心から愛していたわ。だから、惜しみなく憎んだの」うっそうと微笑む女に、斬島は実に複雑な顔をする。言っている意味が分からなかったのだ。「相反する言葉に聞こえるが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:daruma ジャンル:獄都事変 お題:小説家の空 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1634字 お気に入り:0人
その男は、字書きであった。「色々ございましたが、概ね、私は私の書きたい世界を書いてきたと思っておりますよ」蜂蜜を思わせるランプの下で笑った男は、人生全てが、己が 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:daruma ジャンル:獄都事変 お題:刹那のぺろぺろ 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1308字 お気に入り:0人
肋斬で、やれるとこまで頑張ります。***************「……なんだ、これは?」「駄菓子やに売ってました。ご覧の通り、ペロペロキャンディです」クスクスと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:daruma ジャンル:獄都事変 お題:100のお天気雨 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:918字 お気に入り:0人
「天気が良いのに降る雨を、キツネの嫁入りと言いますね」「ああ。そういうな」良い天気と呼ぶに相応しい青空だと言うのに。どこからともなく降り注ぐ滴を見上げながら、斬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:daruma ジャンル:獄都事変 お題:悔しい夜中 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:2312字 お気に入り:0人
CPは、肋斬ですが。斬島さんが肋角さんに片思いをしている(ただし、あまり自覚もできていない)頃のお話しになります。肋斬ですが、肋角さんの出番は名前のみで。斬島さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:daruma ジャンル:獄都事変 お題:弱い小雨 制限時間:2時間 読者:45 人 文字数:4635字 お気に入り:0人
ジャリジャリとブーツの下から溢れる音は、決して大きく無いのに、途切れることなく耳へと届く。それは、空から降り注ぐ僅かな滴が周囲の音を包みこんでしまうからか。帽子 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:daruma ジャンル:獄都事変 お題:黒尽くめの修道女 制限時間:30分 読者:294 人 文字数:2318字 お気に入り:1人
おっけー。頑張るよ。***************「ここが、件の廃屋…か」腰に携えた愛刀に軽く手をかけ、斬島は少しだけ警戒を強める。「此処に、怪異が住み着いてい 〈続きを読む〉