ユーザーアイコン
作者:無修性 ジャンル:遊戯王ZEXAL お題:スポーツの小説トレーニング 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:3727字 お気に入り:0人
一言で言えば、絶体絶命。だいたいそんな感じだった。「ねぇねぇ、キミどこ中?なんさい?」「見りゃわかるだろ、ハトランだよ、ハトランの一年」「へー、私立の坊ちゃんか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:無修性 ジャンル:遊戯王ZEXAL お題:アブノーマルな仕事 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1941字 お気に入り:0人
「舐めろ、遊馬巡査」 そう言って自らの足を差し出した警部の顔は、いつも通り面白くも、つまらなくもなさそうな無機質な表情を湛えていた。「……は?」 念のため、聞き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:無修性 ジャンル:遊戯王ZEXAL お題:最弱の蟻 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:2354字 お気に入り:0人
「よく晴れた日のことでした。遊馬くんはお天気の日が好きだったんですよ。明るいと元気が出るんですって。遊馬くんもおひさまみたいな人でしたけれど、それはそれは晴天が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ZEXAL お題:商業的な小説練習 制限時間:15分 読者:439 人 文字数:1082字 お気に入り:0人
「嫌だ」「いいだろ別に」「そういうものは自分でやるものだ」「チッ、ケチ」「ケチではない」 頑固な態度で断り続けるカイトに、舌打ちしたのは凌牙だ。凌牙は手に原稿用 〈続きを読む〉