ユーザーアイコン
毒の皿 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:バトルスピリッツ烈火魂 お題:振り向けばそこにアレ 制限時間:30分 読者:322 人 文字数:1565字 お気に入り:0人
「負けた」苦虫を噛み潰したような顔で告げられたその一言は、極めて的確に言葉通り信長の敗北を利家に伝えた。「今度は何で勝負したんだよ」「ラーメンの早食いだ。あのよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バトルスピリッツ烈火魂 お題:安全な魚 制限時間:30分 読者:316 人 文字数:1189字 お気に入り:0人
世間からどう見えるかは一先ず置いて、飼われている自覚は利家にもあった。天魔信長の所有するマンションの一室はとても人が暮らしているとは思えない整えられた空間で、実 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バトルスピリッツ烈火魂 お題:薄汚い野球 制限時間:1時間 読者:257 人 文字数:1072字 お気に入り:0人
真夏の日差しを避けるようにして、木陰に置かれたベンチで寄り添う影があった。 近くでは何人かの少年たちが暑さに負けず野球に興じているが、ふたりはそれを、まるで熱 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:晶~ショタのほっぺをつつきたい~ ジャンル:バトルスピリッツ烈火魂 お題:少女の大雪 制限時間:1時間 読者:284 人 文字数:1290字 お気に入り:0人
温暖なムサシで、雪が積もるのは珍しいことだった。しかもかなりの大雪で、街全体が白く染まり、静まりかえっている。 もう少し雪深い街で育った幸村から見てもワクワク 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
甘くて苦い ※未完
作者:匿名さん ジャンル:バトルスピリッツ烈火魂 お題:日本内側 制限時間:1時間 読者:342 人 文字数:1300字 お気に入り:0人
「そういや、お前はどこから来たんだ?」 幸村の向かいに座った利家が、頬杖をついたまま突然そう切り出した。 ここはムサシスタジアムの控え室。バトルの約束をしていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バトルスピリッツ烈火魂 お題:悔しい川 制限時間:1時間 読者:297 人 文字数:1577字 お気に入り:0人
あの日は、そう。ただ悲しかった。 兼続に負けた俺は、悔しいとかいう気持ちを抱くより前に、まずに絶望してしまって。 情けなかったと思う。きっと自分でも無意識のう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バトルスピリッツ烈火魂 お題:強いアパート 制限時間:2時間 読者:325 人 文字数:1941字 お気に入り:0人
幸村が目覚めると、もはや見慣れた、利家の部屋の天井が目に入った。 意外に近代的な内装で、真っ白な壁紙が輝くようだ。「おぅ、起きたか」 声に振り向くと、いつもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バトルスピリッツ烈火魂 お題:去年のコメディ 必須要素:大道具さん 制限時間:1時間 読者:240 人 文字数:965字 お気に入り:0人
なんとなくつけっぱなしにしていたテレビから、お笑い番組が流れている。 デッキをいじる手を止めて、幸村がそちらを見やると、ちょうど最初のコンビのネタが始まった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:RUI@バトスピ初心者 ジャンル:バトルスピリッツ烈火魂 お題:過去の彼 制限時間:30分 読者:357 人 文字数:724字 お気に入り:0人
「半蔵ってさ、よく笑うようになったよな。」「…何?」春の暖かな陽射しの差す公園。拙者の隣で琵琶を聞いていた幸村は徐に口を開いたと思うと、そんな事を呟いた。「最初 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ちあ ジャンル:バトルスピリッツ烈火魂 お題:私とキス 制限時間:15分 読者:324 人 文字数:336字 お気に入り:0人
「なんでトシは信玄ばっかとキスしてんだよ!俺ともキスしろよ!」「テメェはすぐへばるだろが、もうちっと耐えれるようになってからもの言え!」「うぬら、毎回毎回いい加 〈続きを読む〉