ユーザーアイコン
作者:となりのK ジャンル:あんさん腐るスターズ! お題:猫の宿命 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:624字 お気に入り:0人
自分は、猫である。唐突に何を言ってるんだって?ただ、事実を述べただけさ。海に近い、学校、とやらに住み着いている猫のうちの一匹だ。最近のお気に入りの場所は、ご飯の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:となりのK ジャンル:あんさん腐るスターズ! お題:恐ろしいつるつる 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:686字 お気に入り:0人
もうすぐEdenの4人での練習開始時間。そのはずなのに、扉を開けたここ、レッスン室には誰もいない。今、自分は、日和殿下とジュンを迎えに行って戻ってきたところであ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かるは ジャンル:あんさん腐るスターズ! お題:朝の発言 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:1929字 お気に入り:0人
空が赤に染まる頃のことだ。 熱気に支配されていた空気は風となり、汗ばんだ体を冷やしていく。夢ノ咲学院近くにある海辺を、一人の青年が歩いていた。 …夏もそろそろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かるは ジャンル:あんさん腐るスターズ! お題:今年の超能力 制限時間:30分 読者:75 人 文字数:1678字 お気に入り:0人
「夏ってどうして胡散臭い話が多くなるんだろうね」 呟く言葉は無機質だった。 天祥院英智は病室のベットに横たわりながら、隣で本を読んでいた青年に語り掛ける。「心霊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろは二度寝しない ジャンル:あんさん腐るスターズ! お題:君と扉 制限時間:15分 読者:109 人 文字数:721字 お気に入り:1人
悪かったとは思う。失敗した。正直、こんなことになるとは思ってなかった。「ねぇ、朔間さん。本当にごめんね?」「……。」扉の向こうの気配はだんまりを決めている。悲し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさん腐るスターズ! お題:どうあがいても殺人犯 制限時間:30分 読者:210 人 文字数:960字 お気に入り:0人
夜闇に紛れ、妖しく煌めく金の糸。 今、返り血に染まる時。 彼が浮かべたのは、笑顔だった。 踊り子として働き始めて、もう10年以上になる。夜ごと夜ごとに趣味の悪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさん腐るスターズ! お題:消えた映画館 制限時間:30分 読者:315 人 文字数:1479字 お気に入り:0人
生きていけないと思った。もう一人では生きてなどいけないはずだったのに。 それでも生きられた身体が、頬を打った手が熱く痛みを訴えている。もはやそれにすら嫌気が差 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさん腐るスターズ! お題:冬の過ち 制限時間:1時間 読者:209 人 文字数:1336字 お気に入り:0人
——冷え性なんだ。——だが何とでもない、という風に小さく告げた唇は、寒さのせいか血色が悪かった。しかしそれとは対照的に、スッと通った鼻の先端はほんのり色づいてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさん腐るスターズ! お題:彼が愛した海 制限時間:30分 読者:231 人 文字数:939字 お気に入り:0人
昔から、海が好きだった。心地好い波の音と、目に眩しい碧と、何もかもを包んでくれるような、母のような包容力。俺にはそのすべてが必要だった。ふとそんなことを思ってみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさん腐るスターズ! お題:憧れの発言 制限時間:15分 読者:577 人 文字数:931字 お気に入り:0人
「ご飯にする〜?お風呂にする〜?それとも、俺にしちゃう?」ちっとも、嬉しくない!今日の仕事は、とある雑誌のグラビア撮影とインタビューだった。それなりに有名な雑誌 〈続きを読む〉