ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:PEACE MAKER 鐵 お題:誰かの朝 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:15分 読者:305 人 文字数:338字 お気に入り:0人
山向こうから光が差した。 夜明けだ。この街に生きる全ての人々に、分け隔てなく今日という日が訪れる。死した俺はその中に含まれないが。 油小路の激闘を経て朝を迎え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:PEACE MAKER 鐵 お題:緩やかなヒロイン 必須要素: 制限時間:15分 読者:373 人 文字数:442字 お気に入り:0人
しゃんしゃんしゃんと蝉の鳴く声が聞こえる。 京の蝉の声は、東国のそれとは違っている。そんなことにふと気付いた。 つまりは、手持ち無沙汰になったのだろう――とサ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:PEACE MAKER 鐵 お題:昼の空 必須要素:醤油 制限時間:15分 読者:393 人 文字数:395字 お気に入り:0人
冬の空は、優しい色と光に満たされている。 夏の空は鮮やかだけれど、日差しがあまりに峻烈で、とても眺めていられない。少し大人しい青と、心地良い日の光。こちらの下 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:PEACE MAKER 鐵 お題:明るい冥界 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:15分 読者:319 人 文字数:347字 お気に入り:0人
私は、近藤さんと談笑していた。 近藤さんとおしゃべりをして、時々鉢植えに水をあげて、眠くなったら寝る。そんな毎日が続いていた。土方さんはここにはいない。 ふと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:PEACE MAKER 鐵 お題:12月の車 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:384 人 文字数:487字 お気に入り:0人
荷物を満載した大八車が一台、ある武家の屋敷を発とうとしていた。「なんだ、この年の瀬に引っ越しか?」 土方歳三は、車の様子を所在無げに眺めやっていた。 車ととも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:PEACE MAKER 鐵 お題:夜の罪人 必須要素:女使用不可 制限時間:15分 読者:338 人 文字数:279字 お気に入り:0人
吉田先生は、夜間、俺を館から出さない。 出さない理由を問うと、先生は「外は犯罪者がうろついていて危ないから」という。先生の言うことはいつだって正しい。だから、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:PEACE MAKER 鐵 お題:可愛い電話 必須要素:タイトル「ただ、助けたかっただけなのに」で書く 制限時間:15分 読者:344 人 文字数:375字 お気に入り:0人
「ねえねえ、すごいんですよ! 今ちょうど虹が出ているんですけどね。 こう、端っこから端っこまで、全部見えるんです! さすが海の上ですよねぇ」 伝声管越しに、明る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:PEACE MAKER 鐵 お題:謎の沈黙 必須要素:2000字以上 制限時間:15分 読者:346 人 文字数:259字 お気に入り:0人
「土方さんが、新作の句を作らなくなった?」「ええ。多い時には一日で百も二百も作っちゃう、あの人が」 試衛館の一角で、永倉と、総司になったばかりの沖田が、そんな会 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:PEACE MAKER 鐵 お題:おいでよ狂気 必須要素:直腸 制限時間:15分 読者:333 人 文字数:218字 お気に入り:0人
「いっそ狂ってしまえれば、楽になれるのに」 そんな台詞をどこかで聞いたことがある。 確かにその通りなのだろうと、鈴は考えていた。下腹部の鈍痛と、それに連なる不浄 〈続きを読む〉