ユーザーアイコン
作者:菅田 翔 ジャンル:刀剣乱夢 お題:これはペンですか?違うわ、それはダンス 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:756字 お気に入り:0人
スルスルと手元を滑らせて、凛とした横顔を見せてくれているこの少年。まるで魔法のように白い紙が文字で埋まってゆく。元より秀才であるような節は見受けられていたが、こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そういえばソウ ジャンル:刀剣乱夢 お題:君の誤解 制限時間:1時間 読者:235 人 文字数:644字 お気に入り:0人
恋人を偲びならが昔語りする鶴丸の笑みは深い。これが、今にも泣き出しそうな、あるいは、ひどく辛そうな顔をしていてくれたのならよかった。そうしたら、傷心に付け入る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そういえばソウ ジャンル:刀剣乱夢 お題:今の挫折 制限時間:1時間 読者:131 人 文字数:1667字 お気に入り:1人
「むらさきの目の怪物、って知ってる?」「なあに? それ」「うわさ話でしょ。知ってる~」「うわさ?」「そう。夕方、ひと気の少ない道を歩いていると、むらさき色の目を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:刀剣乱夢 お題:賢い体 制限時間:15分 読者:207 人 文字数:596字 お気に入り:0人
食べる、という行為があることは知っていた。だが、それを自分が行うことになるだろうとは夢にも思わなかった。燭台切光忠は、炎の揺らめきを集めたような目を、ぱち、と瞬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱夢 お題:孤独な負傷 制限時間:15分 読者:292 人 文字数:560字 お気に入り:0人
「へし切長谷部、ただいま帰還いたしました」「たいした傷です、手入れは不用ですよ、主」「ご心配なさらずに」これまでの、あの愛おしい方と交わした言葉は、すべて嘘だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱夢 お題:暑い勝利 制限時間:4時間 読者:272 人 文字数:1475字 お気に入り:0人
それを受け取った時、深い悲しみだとか、嬉しさだとか、そういった類のものは何も感じなかった。暑い夏の日の本丸。私は自室にて、こんのすけと二人、たった今手渡された一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱夢 お題:夜のにおい 制限時間:2時間 読者:884 人 文字数:1622字 お気に入り:0人
夏の夜ほど寝づらい日はない。それは刀剣男子でも同じく、もうとっぷりと夜はふけているというのに、今だ一睡もできずに鶴丸国永は横たわっていた。 障子からさしこむ月光 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
本丸に華を ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱夢 お題:平和と娘 制限時間:1時間 読者:279 人 文字数:717字 お気に入り:0人
街に出れば、多く人がいる。 それは、萬屋の並ぶこの空間も同じだった。 演練とはまた異なる、交流の場だ。茶屋で一服したり、共に店を回ったり。 外部の「人」と繋が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱夢 お題:どこかの夜風 制限時間:1時間 読者:285 人 文字数:1067字 お気に入り:0人
背後から聞こえる賑やかな声。三日月宗近、小狐丸に続き、数珠丸を迎えることができたのだ、多少の羽目外しは許されよう。 ふらりと浮遊気分を味わいながら、鶴丸国永は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そういえばソウ ジャンル:刀剣乱夢 お題:紅茶とヒーロー 制限時間:1時間 読者:412 人 文字数:2223字 お気に入り:0人
数日前から、まばたきをした瞬間、別の世界が見えるようになった。 場所は、ここと同じ本丸だ。空には暗雲が垂れ込めていて、息をするのもしんどいくらいに空気がよどん 〈続きを読む〉