ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダイヤのA お題:夏の宴 必須要素:スマホ 制限時間:1時間 読者:638 人 文字数:1435字 お気に入り:0人
※プロ入りした倉御ですその日、御幸は球団のメンバーと飲み会に行っていた。御幸一也は酒に弱い。少しでも飲めば顔を真っ赤にして普段とは似ても似つかない幼い顔になるの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダイヤのA お題:ぐちゃぐちゃの嘔吐 制限時間:15分 読者:418 人 文字数:623字 お気に入り:0人
一年のある夜のこと。倉持は寝つきが悪くて飲み物でも買いに行こうかと外に出ると、水道あたりに人影が見えた。こんな時間に誰かと思うと、御幸だ。一年からレギュラー入り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダイヤのA お題:12月のライオン 必須要素:眼球 制限時間:1時間 読者:216 人 文字数:1597字 お気に入り:0人
動物園に、行きたい。地獄の冬の合宿が終わり、久しぶりのオフに倉持と御幸は動物園にいた。それもこれもこの馬鹿もとい御幸が動物園に行きたいなどと抜かしたからなのだが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダイヤのA お題:燃える使命 必須要素:三角関係 制限時間:4時間 読者:289 人 文字数:2306字 お気に入り:0人
どうしても、欲しかった。すると、その人は、わかるよ、と頷いた。野球における背番号1、それは、チームのエースであり、とても重要なものだと沢村は思っている。こうして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダイヤのA お題:弱い流刑地 制限時間:2時間 読者:577 人 文字数:1175字 お気に入り:0人
窓の外から部員たちの声が聞こえる。秋大の決勝戦、怪我を隠していた御幸は3週間の療養期間は部活禁止令が出されていた。はじめはピッチングを見たり指示を出したりしてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダイヤのA お題:やわらかい犬 制限時間:15分 読者:251 人 文字数:515字 お気に入り:0人
梅宮が生まれたとき、家には二歳雑種犬が居た。犬はありふれた名前をで、見目も優れていた訳ではない。だが賢かった。幼い梅宮に対してどこか兄のように振る舞い、耳やしっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダイヤのA お題:春の嵐 必須要素:結婚相談所 制限時間:4時間 読者:406 人 文字数:769字 お気に入り:0人
「「……はい、はい…そうです……それで……」これから俺の妻になる人、もとい川上憲史が、結婚相談所とかいうところに電話をかけている。結婚相談所というのは、これから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
初夏の夜 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ダイヤのA お題:帝王の顔 制限時間:15分 読者:639 人 文字数:595字 お気に入り:0人
「まだやってんの?あいつ」 少し冷える初夏の夜に、そのままでは寝付けないと何か飲み物を買おうと自販機へと向かった。そこへ行く途中で偶々見えたグラウンドには、こん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダイヤのA お題:正しい魚 必須要素:予備校 制限時間:15分 読者:476 人 文字数:698字 お気に入り:0人
予備校に行こうと決めたのは、三年の夏が終わりを告げたときだった。サイレンの音が、青道野球部の夏を区切った。渡辺はそれをスタンドで聞いた。 渡辺は最後まで公式戦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダイヤのA お題:未熟な道のり 制限時間:15分 読者:690 人 文字数:917字 お気に入り:0人
「兄貴!」後ろから、声が聞こえた。春市の声だ。「どうした?」「え・・・と・・」何だよ、煮え切らないなぁ。言いたいことははっきり言えよ。俺はそう思った。「何だよ」 〈続きを読む〉