ユーザーアイコン
作者:マホ ジャンル:Fate/Grand Order お題:進撃の小説家 制限時間:4時間 読者:42 人 文字数:799字 お気に入り:0人
「ったく、どこまで人使いの荒いマスターなんだ、締切が近いと言っているだろう!」「こう連れまわされては体力が持ちませんなぁ」小説家というやつは、文字を書くだけでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カンナちゃん ジャンル:Fate/Grand Order お題:私の修道女 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:3604字 お気に入り:0人
「貴様たちの心よりの敬愛。余への想い。しかとこの神王が受け止めた」 オジマンディアスがそう言ったとき、立香は自分の想いが許されたような気がした。もちろん、それは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:経験のない娘 制限時間:30分 読者:75 人 文字数:1181字 お気に入り:0人
夜は優しい生き物のようにぴったりと俺たちに寄り添っていた。街灯に照らされた犬の毛並がつやつやと輝いて、視線に気付いた顔が見上げて嬉しそうな顔をする。よく躾けら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:死にかけの百合 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:210字 お気に入り:0人
その百合は、花びらが既に落ちかけていました。幾枚かあったはずの花びらは、既に一枚を残し全て落ち去っています。 あの一枚が落ちれば、百合はもはや百合ではなくなり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:胡散気な夏 ジャンル:Fate/Grand Order お題:消えた小説修行 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:518字 お気に入り:0人
名筆と名高い作家とてその才を自覚し傲慢に怠れば筆も衰えようと言うもの。何より歪な球体の組織体が詰まった頭の中から創世の神秘が枯渇してしまえばそれは作家にとって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:胡散気な夏 ジャンル:Fate/Grand Order お題:緩やかな彼方 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:335字 お気に入り:0人
陽が沈む夢みたいに柔らかい赤を見つめる仕草は、こうもただの人間なのに。人工灯の似合う楽園は眠ったまま夜になろうとしている。 亜種特異点と言えば最早耳に馴染む。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@即興二次 ジャンル:Fate/Grand Order お題:秋の能力者 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:380字 お気に入り:0人
響く鐘の音。茜色の空。端の方から薄紫が広がっている。 時計はまだ夕方。秋の夜長。夏を過ぎて、本日も少し早めに日が暮れる。「……あ、今5時か」 軽快な音色に紛れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:夏の薔薇 必須要素:ガン保険 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:540字 お気に入り:0人
フランスに来る時ほど快晴を思い出す時はない。「ジャンヌとはね、この特異点で会ったんだよ」「そうか」今は然程来ることもなくなった第一特異点はあんなにたくさんワイバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:男同士のラーメン 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:473字 お気に入り:0人
「腹が減ったと言ったな」確かに言った。キッチンに隠してあったチキンラーメンは今や故郷の味。思い出すのは夜中の背徳感。夜食とは何故かくもそそるのか。「食べる」「お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うみねこ。@小説用 ジャンル:Fate/Grand Order お題:彼女と仕事 必須要素:ポテトチップス 制限時間:30分 読者:108 人 文字数:1728字 お気に入り:0人
珍しいものが手に入った。ダ・ヴィンチちゃんからの連絡を受けて向かい、それを見て驚きのあまり声が出なかった。 先輩が食べたい食べたいと言っていたあれなのでは? 〈続きを読む〉