ユーザーアイコン
作者:りんね ジャンル:おそ松さん お題:遅い食事 必須要素:ラジオ 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:755字 お気に入り:0人
つっかけた便所サンダルをずりずりと引きずりながら、一松は家への帰路を歩いた。ガララと建てつけの悪い扉を開くと淡くラジオの音がする。「…ただいま」口の中で噛み砕く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はちこくん ジャンル:おそ松さん お題:裏切りの就職 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:574字 お気に入り:0人
骨を食う文化がある。骨食み。骨ねぶり。ニューギニアでは死んだ族長の骨を戦士たちが食うという。極道たちは、オヤジへの敬意と、ヒットマンへの復讐を誓ってその遺骨を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ ジャンル:おそ松さん お題:早すぎた地獄 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1013字 お気に入り:0人
いつものようにテーブルを囲むニートたち。 テーブルの上にはお菓子が広げられて雑談していた。「しかし、最終回で地獄ってのは俺らの年齢的に早すぎねえ?」「次のコー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りんね ジャンル:おそ松さん お題:12月の言い訳 必須要素:爆弾 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:837字 お気に入り:0人
だって、だってクリスマスだぞ!?甘くて素敵な夜を過ごす奴らにプレゼントをしたくなってしまったんだ!そんな叫び声をあげたカラ松に警官は呆れた顔をし、早く連れ帰って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無理だ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:地獄四肢切断 必須要素:一人称 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:495字 お気に入り:0人
虚ろな目で指先を見つめる。握ったものは、しっかりと離さずにいられたようだ。その事に少し安堵する。ー...地獄で待ち合わせ。あの人はいつ来るだろうか。来ることを望 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:かっこ悪い喪失 必須要素:アメリカ 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:438字 お気に入り:0人
「なー、カラ松。アメリカ行かない?」なんでもない風にそう語りかけてきたこいつの目は競馬新聞に向けられていて、名前を呼ばれなければ自分に向けられた言葉と認識するの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:12月の伝説 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:503字 お気に入り:0人
長い夏の間、サマー仮面なんてものをやっていた兄は秋がきてすっかり大人しくなってしまった。今日もさながら死んだ蝉のように、モスグリーンの床に寝転んでボーッと天井 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りんね ジャンル:おそ松さん お題:官能的な悪魔 必須要素: 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:603字 お気に入り:0人
キューッ、カチ、カチ。ハザードランプが点滅する。薄汚れた工場に、真っ青でキラキラ輝くランボルギーニはびっくりするほどミスマッチだった。一松はかすむ目をかさついた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りんね ジャンル:おそ松さん お題:小さな孤島 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:580字 お気に入り:0人
美しい海へカラ松とピクニックに出かけたのは何時のことだったか。未だ口をつく暴言をBGMにお弁当を食べようと浜辺に座った一松は、足を滑らして緩やかに落っこちてゆく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はちこくん ジャンル:おそ松さん お題:阿修羅新卒 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:576字 お気に入り:0人
班長は凡庸な日本人であった。海外はおろか、本州すら出たことがない男には、RとLの違いがわからないのも無理のない話であった。「それじゃ一緒だ」「…ラ…ライト…」 〈続きを読む〉