ユーザーアイコン
作者:はたか ジャンル:おそ松さん お題:プロの年賀状 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1237字 お気に入り:0人
そこら辺を散歩していた時、たまたま昔馴染みの駄菓子屋さんの前を通ろうとしていたんだけと、店前に並べてある机の上にあるイチゴ味の赤い飴玉に目を惹かれてさ、せっかく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:うへへ、家 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:1037字 お気に入り:0人
2階の子供部屋に足を運ぶ。いつからだったかおそ松兄さんが好きだった。学生の頃は純粋と言ってもよかったこの思いはいつの間にか拗れてじったようで歪んでしまった。ぼく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひいろ ジャンル:おそ松さん お題:昨日の旅行 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:625字 お気に入り:0人
「銭湯行くぞー」誰からともなく声がかけられ6人は各々桶に詰め込んだ荷物をもって出た。雨は降っていないが今にも溢れそうな薄暗がりの曇天。ジメジメとまとわりつくよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひろ(旧→〇た) ジャンル:おそ松さん お題:俺は善意 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:307字 お気に入り:0人
意味分かんない。オレは、お前がしたいって言ったからしてあげただけなのに。可愛かったろ?セーラー服。お前の秘蔵の中にあったから折角用意したんだ。興奮したろ?お前の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
青とマフィン ※未完
作者:ひいろ ジャンル:おそ松さん お題:青い天才 必須要素:マフィン 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1138字 お気に入り:0人
甘い、甘い香り。唯一の兄が見たら笑い転げて肋骨が折れた等とほざくだろう。想像だけでも腹が立つから後で蹴っ飛ばしておこうと思う。黒いジャケットを丁寧にハンガーにか 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:六月 ジャンル:おそ松さん お題:10の病気 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1114字 お気に入り:1人
十のころに病気をした。たいていの病気は6人同時になっていたので、松代は大変だっただろうが、おそ松ひとりがかかるということはたいそう珍しいことだった。風邪と診断 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか ジャンル:おそ松さん お題:夏の馬鹿 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:704字 お気に入り:0人
鉛筆を削る音がした。ゴリゴリゴリゴリ、鉛筆を削る時特有の匂い、音それが部屋に広がっていた。音の出どころを探ろうと床に寝転がっていた頭を起こしあくび混じりに辺りを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか ジャンル:おそ松さん お題:ありきたりな土地 必須要素:やかん 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:279字 お気に入り:0人
どこにでもあるようなありきたりな土場所を問わずそんな場所にやかんを置くとその土はどうしてだか、燃えてしまうのだ。これを知ってからはやかん片手に外へ出かけている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ストロー ジャンル:おそ松さん お題:自分の中の秘部 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:501字 お気に入り:0人
本棚の裏側に閉じ籠って、原稿用紙に葉っぱばかり描いた。中庭を歩いて景色を覚え、描きやすい方眼紙を使ってゴリゴリ。今思えば、鉛筆も良いものだった。魔法使いさなが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:六月 ジャンル:おそ松さん お題:宗教上の理由で病院 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:858字 お気に入り:0人
一松には宗教がある。 ーーーというふうに、おそ松は理解している。 どういう宗教かと聞かれると困るのだ。具体的にこんなふう、と言えるものではない、と思う。まあで 〈続きを読む〉