ユーザーアイコン
作者:世界の墓場から ジャンル: お題:近いお尻 制限時間:30分 読者:219 人 文字数:2484字 お気に入り:0人
例えばさ、とチョロ松くんは語り始めた。兄弟だったとしても、ち○こは舐めないじゃん?その前提の突飛さに、まず言葉を失う。え、何、どういうこと?少なくとも真昼間の喫 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:世界の墓場から ジャンル: お題:彼女の秘部 制限時間:30分 読者:243 人 文字数:2280字 お気に入り:0人
この世の秘密っていうのは大体、何かに挟み込まれているのだというのがレオナルドの持論だった。例えばへそくり。例えば出すつもりのないラブレター。秘められているものは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:世界の墓場から ジャンル: お題:不思議な冥界 制限時間:30分 読者:196 人 文字数:1977字 お気に入り:0人
それは不思議な光景だった。実を言うと、松野カラ松は何度か死んだことがある。兄弟にはめられて、車に引かれて、崖から落ちて、冬の雪山で凍って、砂漠の真ん中で干からび 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あしたろう ジャンル: お題:たった一つの心 必須要素:SF 制限時間:1時間 読者:274 人 文字数:774字 お気に入り:0人
遅唐額がつきそうなくらい顔を寄せて、さっきから捉えられている右手をぼんやりと見つめた。目の端でジジ、と小さなオレンジが煙の塊になって鼻先をすり抜けていく。「ん、 〈続きを読む〉