ユーザーアイコン
作者:タラバガニになった光月 ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:12月の少数派 制限時間:1時間 読者:50 人 文字数:904字 お気に入り:0人
朝早く起きてしまった。布団を畳み、広間へと行こうと扉を開ければ目の前に広がるのは一面の真っ白な雪。いつもより冷え込むと思えばやはり雪のせいだったか。「主、起こし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ななし/闇ミツハ/全方位褒められたい ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:私が愛した喜び 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:564字 お気に入り:0人
庭の梅が薫り始めたからと、目を細めた歌仙兼定は一輪挿しを持ってきた。水仙が咲いたからと、蜂須賀虎徹は庭へ連れ出さんと手を掴んだ。鬼やらいじゃなと、柊の枝を手に陸 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:になみ@FGO垢にいます ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:わたしの好きな目 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:399字 お気に入り:0人
この本丸では冬であっても鍋が出ることは無い。皆でつついて食べるにしても、鍋がいくつも必要だ。なので、大鍋で料理を作る事はあっても、鍋は出ない。そんな本丸の厨房 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:男の栄光 必須要素:鶏肉 制限時間:2時間 読者:83 人 文字数:1534字 お気に入り:0人
むにむに。むにむに。 無言で鶏肉を揉んでいる主に、周りの人たちは声をかけることができない。買ってきた鶏肉を醤油とお酒で漬けて揉んでいるのではなく、袋に入れた鶏 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:九珠/kz ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:君と内側 制限時間:1時間 読者:117 人 文字数:1676字 お気に入り:0人
俺にとって、彼女は唯一無二だった。だけど、彼女にとってはそうではないことを俺は知っていた。「鶴丸」 柔らかい声で彼の名前を呼ぶ彼女は、彼に対する親愛の情を明ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:九珠/kz ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:遅い空想 制限時間:30分 読者:107 人 文字数:1637字 お気に入り:0人
刀が、折れた。そして身体を失って消えていく彼らの最期に、私の手は届かない。 ゴウゴウと炎は燃え盛り、ああ……私はもうすぐ死ぬんだなって。自分の死に対してはどこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
妹と俺 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:振り向けばそこに妹 制限時間:15分 読者:140 人 文字数:875字 お気に入り:0人
例えば、の話だ――。 前世というものを信じるかと問われたら、君は何と答える? 俺はちなみに信じていない派だった。神様とか前世とか幽霊とか、そういう曖昧なものは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あおりんご@審神者兼提督垢 ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:地獄ギャグ 制限時間:15分 読者:197 人 文字数:837字 お気に入り:0人
【安さに】 ヘイト創作・瀕死審神者の世界注意。※瀕死審神者の世界とは… 審神者が死にかけの人間の魂を顕現した姿だったとしたら…という妄想から始まった世界。 政府 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あおりんご@審神者兼提督垢 ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:昼間の草 制限時間:15分 読者:156 人 文字数:903字 お気に入り:0人
【清さに】「清光ーそっちはどう?」「こっちはほとんど終わったよ。主のほうは?」「んー……まだ」 高い位置にある太陽が二人の体力を奪う。連日政府から通知される気温 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あおりんご@審神者兼提督垢 ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:贖罪の液体 制限時間:15分 読者:196 人 文字数:870字 お気に入り:0人
※清さに 俺たち刀は何かを斬ることでここに存在している。それは無機物だったり、動物だったり、或いは人間だったり。今だったら時間遡行軍を斬ることが、俺たちの仕事だ 〈続きを読む〉